記事一覧

休み明けの疲労感はなぜ?原因と対策を紹介!

ゴールデンウィークが明け、今日からお仕事の方も多いのではないでしょうか?
毎年この時期になると、五月病と言って、「気分が落ち込む・やる気が出ない」人がたくさん出て来ると言われています。

私自身も、子供の頃からゴールデンウィーク明けに元気だった記憶が一切ありません(笑)
結構体調を崩すことが多く、休み明けはぐったりしてました。

本来、長い休みは体も心もリフレッシュ出来るもののはず。
それなのに、なぜか休み明けはいろんな所に不調が出てしまう。

そこで今回は、「休み明けの疲労感の原因と対策」について書いていきます!


この記事の内容

休んでいたのに疲れる?

連休最終日にやっておくこと

連休明けは、「うどん」を!








休んでいたのに疲れる?


そもそも、どうして休み明けは疲れるのでしょうか?
いつもより、体や心を休める時間がたくさんあったはずなのに、休みが長くなればなるほど、仕事の日がつらくなっていきます。

そこで、休みの過ごし方に関連する不調を4つあげてみました。

1 肩こり
休み中、ずっと同じ姿勢でいた人に多く見られます。
読書やスマホ、自宅でのDVD鑑賞などです。

また、外出していても、運転で長時間同じ姿勢をしていると、肩こりを引き起こします。
特にゴールデンウィークは、遠出して車の渋滞に巻き込まれることもありますよね。


2 胃腸の不調
大型連休といえば、旅行やイベント。
普段よりも美味しいものを食べる機会がありますよね。
家にいたとしても、長い休みでは食生活がいつもと違っていきます。

食べ過ぎたり、偏った食事内容になったりしがちです。
そうなると、胃腸の働きは低下しますから、休み明けに胃もたれや胸焼け、お腹のハリなどの不調を引き起こします。



3 頭痛
連休中にストレスを感じた、気を遣う場面があったなど、思ったようにゆっくり出来なかった人に見られる症状です。
緊張感によって休んだ気がしないため、かえって疲れてしまっているのです。


4 眠気とだるさ
この症状の原因は、連休中の不規則な生活です。
休み中は、特別用事や約束がない限り、仕事の日のように早起きはしないですよね。
仮に目が覚めても、お昼頃まで二度寝三度寝することも多いのではないでしょうか?

連日起きる時間が遅くなったり、夜更かししたりしていると、生活リズムが崩れていきます。
そのため、休み明けに通常の生活に戻った時、体がそれに付いていけていないので、眠気やだるさを禁じるのです。

いくら連休明けがつらいと言っても、大型連休は普段出来ないことをする絶好のチャンスです。
休みがたくさんなければ、なかなか旅行やDVD鑑賞も出来ませんよね。
また連休だからこそ、時間を忘れて没頭したい趣味もあるでしょう。
楽しい充実した休みにするには、ある程度不規則な生活になっても仕方がないと思います。

でも、休み明けにつらいのは避けたいですよね。そこで、次の項目では、
連休最終日にやっておくと良いことを紹介します!











連休最終日にやっておくこと


【最終日の過ごし方】
休みの最後の日、皆さんは何をして過ごしますか?
「最終日も遠出する」「旅行先から帰る」「家でゆっくり休む」などいろいろな過ごし方があります。
「家でゆっくり休む」は、最終日の過ごし方としては一般的だと思います。

翌日からの仕事に備えて、体を休めるのは一見良いことのように思われます。
しかしこの過ごし方が、休み明けのだるさを引き起こす原因になっていると言われています。

【交感神経と副交感神経】
私達の体では、2つの神経が切り替わりながら働いています。
活動モードの交感神経と休養モードの副交感神経です。
仕事の日は、交感神経が優位になり、休みの日は、副交感神経が優位になります。

連休明けは仕事ですから、「交感神経が優位になるんじゃないの?」と思いますよね?
実は、休み明けのだるさの要因は、この神経の切り替えが上手く行かないことにあります。

ゴールデンウィークのように長い期間の休みには、副交感神経優位の状態がずっと続いていることになります。
そうなると連休明けになっても、交感神経になかなか切り替わらなくなります。
つまり、休養モードで仕事をする羽目になるので、だるさを感じるのです。



・最終日から活動モードにする

どうしようもなさそうな休み明けのだるさですが、防ぐ方法はあります。
それは、連休最終日から交感神経を優位にしておくことです。

具体的に何をするのかと言うと、運動です。
激しい運動でなくても大丈夫です。
「ちょっと近所を散歩する」「家の掃除や片付けをする」くらいでも良いです。
また、「カラオケで歌って声を出す」のも効果的だと言われています。

休み最後の日に交感神経に切り替えておけば、休み明けのだるさも軽減されるでしょう😄

関連記事:「休み明け太りと休日の過ごし方」はこちらへ







連休明けは、「うどん」を!


連休明けの食事として、良いと言われているのが
うどんです。
うどんは消化に良い食べ物として知られています。
連休明けに食べ過ぎてお腹の調子がいまいちな時、胃腸に負担の少ないうどんを朝食にしてみてはいかがでしょう?




15256653400.jpeg



まとめ

今回は、休み明けの疲労感の原因・対策について書きました。

休みを充実させるには、連休中の生活が多少不規則になるのは仕方ないのかもしれません。
しかし、連休明けに起こる心身の不調は、最終日に体を動かしておくことで予防出来ます!
長い休みを思いきり満喫して、スッキリした状態で休み明けを迎えましょう✨!







人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

敏感肌ランキングへ

にきび・吹き出物ランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。
年齢は20代後半(女)で、趣味は美容や健康について調べることとそれを実践すること・読書・ドラマやアニメの鑑賞など。
好きな食べ物は果物、ナッツ類、お菓子です。
ハーブティーにもハマっております。
現在の目標は「健康美人な30代」です!

最新コメント

美容情報ブログランキング