FC2ブログ

記事一覧

朝食を食べるダイエット

今回は、朝食とダイエットの関係について書いていきます!

1日の食事のうち、朝食はその日を元気に過ごす為最も重要と言われています。
実際、朝食を抜いた日ときちんと食べた日では、集中力や体力は全然違いますよね。


この記事の内容

朝食の3つの効果

ダイエット中の朝食には?

朝食と体内時計








朝食の3つの効果



まずは、朝食の効果について3つ見てみましょう。
・体温を上げる
・代謝をアップさせる
・脳を活性化させる

まず、体温が上がれば体が目覚め、眠気がなくなります。
次にダイエットに重要な代謝です。
代謝がアップすることで、余分な脂肪が燃焼されてエネルギーに変えられます。
脂肪が蓄積されないので、痩せやすい状態になります。

あとは、脳の働きです。
脳が活性化すれば日中仕事や勉強にしっかり集中することが出来ます。
うっかりミスも減りますし、トラブルも避けられます。
朝ご飯を食べるだけで、いいことだらけですね😄

【量は少なくてもOK】
朝からお腹が空かない、朝ご飯をゆっくり食べる時間がない、という人はバナナやヨーグルトだけでも良いです。
何も食べないよりは、ほんのちょっとでもお腹に入れることをおすすめします。








ダイエット中の朝食には?


朝食は、比較的たくさん食べても良いと言われています。
食べた分だけその日の夜までに、エネルギーとして消費出来るからです。
ダイエット中なので、栄養バランスを考えた食事がベストですが、朝たくさんのメニューを用意するのって結構大変ですよね。


【スムージーで栄養と食物繊維がばっちり!】
そんな時は、野菜や果物をジュースやスムージーにすると、手っ取り早く栄養を摂取出来ます。
また、スムージーは朝食に限らず、ダイエット中の方にはぴったりです。
どうしても不足してしまう栄養を補うことが出来ますし、食物繊維がたっぷり入っているので、太る原因の1つ・お通じにも効果的です。
野菜の味が苦手でも、好きなフルーツと一緒にすると、結構美味しく飲めます。










朝食と体内時計


朝食は、人間の生活リズムと深く関係しています。
この生活リズムを作っている仕組みは、体内時計と言われています。
正常な体内時計は、人間が健康な状態を維持するのに役立っています。

しかし、忙しい現代人はどうしても寝不足、遅い時間の食事など、不規則な生活になりがちで、体内時計もずれていってしまいます。
そうなると体の働きも正常でなくなるため、体調不良を引き起こしやすくなります。

他にも、代謝が悪くなったり、変な時間にお腹空いたりして太りやすくなってしまいます。





まとめ

朝食を摂ることで、体内時計がリセットされて、体の働きが正常になります。
代謝も上がり、エネルギーをきちんと消費出来るので、痩せやすい体になります✨

朝が弱くて、あまり朝食を摂らない人、食べない方が体調が良いという人もいますが、健康にダイエットする為には、少なめでも良いので朝食を食べることが大切です!


☆関連情報☆
太る休日の過ごし方 休み明け太り解消法




関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント