FC2ブログ

記事一覧

5月の紫外線対策と日焼け止め

5月になり、日傘を差している人や帽子を被っている人をよく目にするようになりました。
今からしっかり対策している人もいる一方で、まだまだ肌寒い日もあり、さほど紫外線を気にしていない人もいるかと思います。
私も外出の度にクリームを塗るのは面倒に感じて、真夏しかきちんと対策したことはないです。
しかし、5月は既に肌を傷める紫外線がたくさん降り注いでいます。

そこで今回は、5月の紫外線対策と日焼け止めについて書いていきます!


この記事の内容

5月の紫外線は強い?

骨に必要!紫外線のメリット

5月の紫外線対策グッズと日焼け止め












5月の紫外線は強い?


【3つの紫外線】
紫外線は波長の長さによって、「UV―A波」「UV―B波」「UV―C波」の3つに分けられています。
今のところUV―C波は、オゾン層に吸収されています。
そのため、現在地球に届くのはUV―A波とUV―B波の2つです。

・UV―A波→長時間浴びると細胞を傷付ける。
皮膚の奥まで届き、しわやたるみ、皮膚の老化を引き起こす原因になる。

・UV―B波→皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害。
日焼けや皮膚ガン、白内障の原因に。

この5月に量が増えるのは、UV―A波です。
UV―A波は、雲や窓ガラスを通り抜けることが出来ます。
そのため、日差しが弱い曇りの日や、雨の日でも油断は出来ません。
また、ガラスも通り抜けてしまうので、室内にいても日焼けするリスクはあるのです。












骨に必要!紫外線のメリット


意外にも、紫外線には「免疫力を高める」「血行を促進する」「新陳代謝を上げる」など、メリットが存在します。
中でも特に重要なのはに対する影響です。

私達の体を作る基礎となる「骨」にも、紫外線は重要な働きをしています。
紫外線のUV―Bは「活性型ビタミンD(ビタミンD3)」を作り出します。
活性型ビタミンDは、皮膚にUV―Bが当たることで、作られます。

主な働きは、体内のカルシウムの利用効率を高めることです。
カルシウムは、骨にとって欠かせない栄養素です。
紫外線を浴びる量が不足すると、ビタミンDが不足します。
その結果、「骨粗鬆症」などの骨の病気にかかりやすくなると言われています。

関連記事:「紫外線は体に必要? メリットとデメリット」はこちらへ










5月の紫外線対策グッズと日焼け止め


この時期に、紫外線対策として準備しておきたいものをいくつか紹介していきますね!

・日焼け止めクリーム(スプレー)
※PAの「+」が多いもの
・日傘
・帽子
・薄い色のサングラス


【日焼け止めとサングラスについて】
まず、日焼け止めですが、5月はUV―A波が多い時期です。
だから日焼け止めもUV―A波対策のものを使います。

UV―A波用の日焼け止めは、PAと表記してあるものです。
PAとは、「Protection Grade of UVA」の略で、UV―A波をカットする効果を持っています。
PAと表記してある日焼け止めには、「+++」といったような表示がありますよね。
この「+」の数が多い程、高い効果があるという意味になります。


ちなみに、もう1つのUV―B波は7~8月が最も多い時期になります。
そして、このUV―B波用の日焼け止めは、SPFと表記されたものです。

SPFは、「Sun Protection Factor」の略で、UVーB波が肌に当たり、日焼けするまでの時間を引き伸ばす効果があります。
こちらは、SPFの後に表記されている数字が大きい程、高い効果を期待出来ます。

時期によって、紫外線の性質は異なります。
表記を確認して、季節に合った日焼け止めを使い分けましょう!


次に、サングラスです。
サングラスがなぜ薄い色かと言うと、濃い色のサングラスでは、瞳孔が開いてしまうからです。
瞳孔が開くと、紫外線を受けやすくなってしまうため、薄い色のサングラスを使います。
薄い色だと瞳孔が開かず、目の奥に光が入るのを防ぐことが出来ます。
サングラスも、昔と違って今はどんな方でも身に付けやすいよう、いろんなデザインがありますよね。


私は以前、「サングラスや日傘=おしゃれな格好の人」みたいなイメージがあって、なかなか自分では付けられませんでした(笑)
どうも自分だと間抜けな感じになってしまって。

ですが、紫外線対策を考えたらそうも言ってられない!と思い、最近ようやく日傘やサングラスを抵抗なく使えるようになりました😄
最初は人目が気になる時もありましたが、慣れて来れば「紫外線対策だから!」と開き直れるようになります(笑)








まとめ

今回は、5月の紫外線対策と日焼け止めについて書きました。
紫外線には骨に対してメリットもあり、完全に遮断すれば良いというものでもありません。

しかし、皮膚にとってはどうしてもデメリットの方が大きくなってしまいます。
毎日適度な日光浴は必要ですが、長い時間紫外線を浴びる時には、しっかり時期に合った日焼け対策をしましょう!


関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント