FC2ブログ

記事一覧

花粉症と肌荒れ 敏感肌は要注意

今回は肌と花粉の関係について書きます。

この記事の内容

花粉は肌にとっても脅威に?

どんな症状を引き起こすの?

肌を花粉から守るためにしたい3つのこと








花粉は肌にとっても脅威に?


【スギ花粉による「花粉性皮膚炎」】
花粉症を発症している人に出る皮膚炎のことです。まれに、花粉症がない人にも発症すると言われています。
また、アトピー性皮膚炎の人では、30%~40%が発症するようです。

スギ花粉が皮膚に繰り返し侵入することで、体内でアレルギー物質として認識されます。
そのため、皮膚に炎症が起こると言われています。







どんな症状を引き起こすの?


【顔に赤い湿疹が出る】
部位は目の周り、口周りや頬が多いです。赤くなる他に、痒みを伴うことも。手や首に症状が出ることもあるようです。

元々肌に湿疹や痒みがある人は、症状がさらに悪化することもあります。(アトピー体質の場合も)

【症状が出たら】
痒みを抑えるステロイドの塗り薬、アレルギー用の飲み薬で炎症を鎮めましょう。
症状が軽ければ、保湿剤を塗るのも良いと言われています。

花粉症の目・鼻の症状がつらい時、
季節の変わり目に、爽快感を得たい時におすすめ
なアロマはこちらから!






肌を花粉から守るためにしたい3つのこと


【洗顔】
外で花粉を浴びたと思ったら、まずは顔を洗います。ポイントはごしごし擦らないこと。
ぬるま湯で優しく洗うだけでも、花粉は十分に落ちます。

【手洗い】
手洗いでは、手に付いた花粉花粉を洗い流します。こちらも、肌が弱い方は、強く擦りすぎないようにします。


【保湿】
顔や手を洗い終わったなら、必ず保湿しましょう!
春の肌は、私たちが思っているよりダメージを受けています。特に乾燥や紫外線による肌荒れは、冬や夏より多いとも言われています。

春の肌は、乾燥や紫外線で荒れた状態で、花粉に晒されています。冬が終わったからと乾燥対策をしていないと、花粉によるダメージも受けやすくなります。
保湿は冬より念入りに行うようにしましょう!






まとめ

・花粉症がある人、アトピー性皮膚炎の人は注意
・外から帰ったら「洗顔、手洗い、保湿」
・保湿は冬よりしっかりと!

ようやく乾燥の冬が終わったら、今度は花粉の春です。
私も冬よりケアが雑になっているので、油断せずに頑張ります❗

敏感肌のスキンケアって、なかなか手を抜けませんよね。時々面倒くさくて嫌になりますが😵、きちんと続けていれば、肌の様子が全然違っていきます。
痒くない、しっとりして綺麗な肌になった時は凄く嬉しいです😄❗

春は冬以上に乾燥、紫外線対策など気を付けることがたくさんあります。
自分が特に弱いところをしっかりケアして、元気な肌を育てましょう✨

関連記事:「肌が弱い人は要注意!~突然花粉症になったら~」はこちらへ



関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント