記事一覧

敏感肌のスキンケア~成分からのシャンプー選び~

今回は敏感肌のスキンケア・頭皮編になります!

毎日欠かさずシャンプーしているのに、フケや痒みが止まらない、なんてことはありませんか?

「シャンプーが合わないのかな?」と別のシャンプーにしてみても、しばらく使ったら「また痒くなった!」「フケが出て来る!」の繰り返し…。

敏感肌の人なら、1度はこんな経験があるのではないでしょうか?

20180413234324a73.jpg


この記事では、次のような内容を扱っています。

⚫気を付けたい!シャンプーの3つの成分

⚫敏感肌に優しいシャンプーの選び方

⚫「痒み」や「フケ」が治まらない場合

⚫洗い方を再確認!お湯の温度が大切!

⚫乾かし方のコツ~タオルとドライヤー~

⚫まとめ





⚫気を付けたい!シャンプーの3つの成分

敏感肌の人がシャンプーを選ぶ時、注意したいのがこちら。

・「ラウリル」「ラウレス」「スルホン」

この3つです。
こうして並べると、何かの呪文みたいですね(笑)

シャンプーの成分表示には、「ラウリル酸~」のような書き方で記載されています。

この「ラウリル」「ラウレス」「スルホン」3つの成分のうち、どれかが入っていれば、「洗浄力が強いシャンプー」です。

「洗浄力が強い」ということは、必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性が高いです。

肌が弱っている時、洗浄力の強いシャンプーを使い続けていると、皮脂が奪われ、頭皮が乾いてしまい、「フケ」や「痒み」を引き起こします。

乾燥の季節や、敏感肌の症状が強い時は、強い洗浄力のシャンプーは避けた方が無難です。

20180411215437de6.jpg


⚫敏感肌に優しいシャンプーの選び方

・「無添加」「ノンシリコン」「アミノ酸」「石鹸」
この4つのキーワードがポイントです。

これら4種類のうちのシャンプーなら、洗浄力が弱いので、肌にも低刺激です。


・「洗浄力が弱い」ってどういうこと?

「洗浄力が弱い」というと、ちゃんと汚れが落ちるのかな?と思いませんか?
洗いすぎはもちろん、洗い残しも頭皮には良くないですよね。

でも大丈夫です!
「洗浄力が弱い」と言っても、余分な皮脂や汚れはちゃんと洗い流せます。
それでも、必要な皮脂は残してくれるんですよ😄

だから頭皮の状態も、清潔で健康になります!


⚫「痒み」や「フケ」が治まらない場合

低刺激のシャンプーにしても、痒みやフケが治まらなければ、「薬用」「医薬部外品」シャンプーを使ってみてください!

抗菌作用、肌荒れ予防の成分が含まれているので、痒みやフケを抑えることが出来ます。


日本初!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合のシャンプー&リンス【コラージュフルフルネクスト】
はこちら!


⚫洗い方を再確認!お湯の温度が大切!

201804132351368a1.jpg


シャンプーする時、お湯の温度を意識していますか?スッキリするから、と熱いお湯で洗っていませんか?

シャンプーも洗顔と一緒で、熱すぎるお湯は皮膚の乾燥の元です。

・お湯は38度~40度で!

最初に髪を濡らす時、泡を洗い流す時。
シャンプーでは、なんども頭にお湯をかけますよね。
お湯の温度は「38度~40度」がベストです!

仮に温度が38度でも、頭にかけた時にお湯が「熱い」と感じたら、もう少しぬるくした方が良いと思います。


⚫乾かし方のコツ~タオルとドライヤー~

20180413234754a27.jpg


・タオルドライは優しく!

髪を拭くとき、力いっぱい擦るのはやめましょう!頭皮はもちろん、抜け毛など、髪の毛そのものにもダメージを与えてしまいます。

乾かす時は擦らずに、丁寧に水分を拭き取っていきます。
美容院でしてもらっているやり方を参考にすると、良いと思います。
タオルでくるんだ髪の毛を、手で軽く揉んだり、叩いたりする感じです。

ここで、「美容院でもゴシゴシ拭いてくるよ?」と思った方もいるかもしれませんね。
実は私もこの間、結構ゴシゴシされました(笑)

力任せに拭いてるように思えても、美容師さんの場合はプロです。

頭皮や髪の毛を傷付けずに、素早く上手く拭くコツがあるんだろうな、と勝手に思っています。
忙しくて、1人のお客さんに時間をかけられないこともありますよね😅

プロならともかく、自分でタオルドライするなら、「優しく」がポイントです!

・ドライヤーは長く当てすぎない!

ドライヤーの温風も、頭皮を乾燥させる原因です。

濡れたままの髪を放置するのもダメですが、長い時間ドライヤーを当てるのも、良くないです。

ほぼ乾いたかな、と思ったら、あとは自然に乾くのを待ちましょう。
ちょっと湿っている程度なら、自然乾燥でもOKです!

20180414004116a9c.jpg


⚫まとめ

・肌が弱っている時は、洗浄力弱めのシャンプーを!
・しつこい痒みとフケには、「薬用か医薬部外品」のシャンプーが有効!

・お湯の温度は「38~40度」
・タオルドライは優しく!
・ドライヤーは長く当てすぎないこと

今回は、敏感肌のシャンプー選びと洗い方・乾かし方についてまとめましたが、いかがでしたか?

頭皮の状態に合ったシャンプーを使うこと、正しい洗い方や乾かし方をすることが、痒みやフケを解消します!
頭皮の状態を知って、自分に合ったシャンプーを見つけましょう✨❗









にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村


美容・ビューティーランキングへ

敏感肌ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します!
今年は新しい事にチャレンジしたくて、ブログを始めました!
現在は主に健康、美容の記事が多いブログですが、徐々に関心のある分野の記事を増やしていきます😄
役立つ情報をお届けできるよう、頑張ります❗

最新コメント

フリーエリア