FC2ブログ

記事一覧

敏感肌と美容院 カラーやパーマは出来る?

「髪色を明るくする」「パーマをかける」
これだけでも、人は大分印象が変わりますよね。
今までとは違う服が似合うようになったり、雰囲気が明るくなったり。
敏感肌だとしても、今までと違う髪色にしてみたり、パーマをかけて雰囲気を変えてみたり、髪のおしゃれは楽しみたいですよね。

記事の内容へ

しかし肌の調子が整わないと、カラーリング剤での炎症が心配です。
髪のおしゃれにも消極的になってしまいます。
頭皮は髪の毛で覆われていますし、顔や手の皮膚と違って、すぐに異常があるかどうかは分かりません。
髪のおしゃれを楽しみたいけれど、皮膚が弱いと心配事もたくさんありますよね。

私も肌が弱くなってからは「美容院で敏感肌のことを伝えても、大丈夫なのかな?」と考えてしまい、美容院に行くのが億劫になっていました。
そこで、今回は敏感肌のカラーとパーマについて書いていきます!


この記事の内容


敏感肌の頭皮を刺激するもの

カラーリング剤の成分

カラーとパーマは美容院へ!

頭皮の状態を良くしておくには?












敏感肌の頭皮を刺激するもの


敏感肌の頭皮を刺激するものはたくさんあります。
シャンプーやワックス、ヘアスプレーなども十分刺激になります。
しかし、これらは自分の頭皮に合うものを使えば特に炎症は起こりません。

では、敏感肌の頭皮にとって危険なものは何でしょうか?
それは、カラーリング剤です。









カラーリング剤の成分


カラーリング剤で1番多く使われているのは、「酸化染毛剤」です。
美容院で使う業務用のもの、自宅で使う市販のものの両方に含まれています。

酸化染毛剤は皮膚への刺激が強いです。
カラーリング中の頭皮のチクチクや、カラーリング後の痒み・赤み・湿疹はこの薬剤が原因です。

もしも、この酸化染毛剤に対してアレルギーの疑いがある場合は、美容師さんに相談しましょう。
刺激を抑えた「非酸化染毛剤」でカラーリングしてもらうことが出来るはずです。


私の場合は、痒みやカサブタでもない限りは、カラーリングやパーマをしても大丈夫でした。
ただ、あまり体調が良くない時に行うと、髪の生え際が少し赤くなったことがあります。

事前の相談も大切ですが、カラーやパーマをするなら、体調が悪い時は避けた方が良いかもしれませんね。











カラーとパーマは美容院へ!


カラーリングをしたい場合、自宅で行うよりも美容院でやってもらった方が安心です。
自分で染めるとなると、市販のカラーリング剤を使いますよね。
市販のカラーリング剤は、敏感肌用の配合ではありません。
肌が弱い人が使うとかぶれや炎症わ引き起こす危険があります。

その点、美容院でのカラーリングなら、事前に自分の肌のことを伝えれば、きちんと状態を見ながら行ってくれます。
カラーリング剤の配合も、こちらと相談した上で合うようにやってくれるので、自分で染めるよりも安全です。

パーマも同じで、自分が行く美容院にあらかじめ敏感肌であることを伝えておきます。
そうすると、美容院でパッチテストを行い、カラーリング剤でかぶれるかどうかを調べてくれます。










頭皮の状態を良くしておくには?


髪のおしゃれを気軽に楽しむためには、日頃から頭皮の状態を良くしておくと良いです。
頭皮の状態を良くする=血行を良くするです。

血行を良くするためには、

・入浴する習慣をつける
・栄養バランスのとれた食事をする
・睡眠時間をしっかりとる
・ストレスを溜めない

この4つに気を付けると良いでしょう。
また、これからの時期に注意したいのが、紫外線です。
外出する際は、日傘や帽子を使って頭皮を守りましょう。
特に、パーマやカラーを行ってから1週間は、頭皮も髪も弱っている状態です。
紫外線対策はしっかりしておきましょう!



まとめ

今回は、敏感肌のカラーとパーマについて書きました。
肌が弱くても事前に美容院に相談することで、自分の頭皮に合うカラーリング・パーマをしてもらえます。
また、日頃から血行を良くして頭皮を健康にしておくと、敏感肌の症状は出にくくなります。
紫外線対策もきちんと行って、髪のおしゃれを楽しみましょう✨!







関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント