FC2ブログ

記事一覧

汗対策 「制汗剤」を使うコツを紹介!

寝起きや通勤で、朝から汗をかいてしまうこの時期。
家ならシャワーを浴びられるけれど、職場ではそうもいきません。
私は毎朝職場で制服に着替えますが、その時もかいた汗が気になる気になる。
夏だし、皆同じように汗をかいているのですが、近くで着替えてる人がいると「あ、私今臭うかも😨」とつい気になってしまいます。

そんな時に役立つのが「制汗剤」です。
吹き掛けると一瞬ヒンヤリして気持ちが良いですよね。ちょっと香りがあると気分もスッキリしたり。
そこで今回は「制汗剤を使うコツ」について書いていきたいと思います!





この記事の内容

制汗剤はどこにかける?

制汗剤の成分

使うタイミングは?

長時間効果が欲しいならこれ!


関連記事:「汗・臭いは内側から改善出来る! 今から始めても遅くない汗っかき対策」はこちらへ

















制汗剤はどこにかける?


汗をかく夏は、制汗剤をバッグに入れて持ち歩く方は多いと思います。
更衣室でも自分を含め、使っている人がたくさんいます。体はもちろん脱いだ服や靴、更衣室のマットにまで吹き掛ける人もいました😲

制汗剤って、皆かける箇所や使い方がバラバラですよね。
服の中にスプレーする人もいれば、脇にピンポイントでふく人もいました。
制汗剤は汗をかきそうな箇所・臭いそうな部分に使うものなので、その人なりに対策しているんだろうけど。

実際自分でやってみて、服や靴に吹きかけるのは効果がなかったように思います。
服の場合は、シミみたいな跡が残るし😅
だから服の中にスプレーするのには、ちょっと抵抗があります。









制汗剤の成分


制汗剤には2つの成分が入っています。
それは汗を抑える収斂剤(シュウレン)と雑菌を抑える抗菌剤です。
※収斂→(肌の)キメを整える
抗菌剤で皮膚を清潔に保ち、収斂剤で肌を引き締めてくれます。
















使うタイミングは?


夏は1日中暑いです。
エアコンの効いた部屋でも、自分がいる場所によっては暑さを感じることもありますよね。
私も臭いを気にすると、汗をかくたびに制汗剤を使いたくなってしまいます。
しかし、制汗剤って汗をかいた後に使っても良いのでしょうか?

【制汗剤の使い方】
基本的に制汗剤は、汗をかく前に使う のが正しいと言われています。
外出する前に、よく汗をかく場所や臭いそうな箇所に使用すると良いです。
汗をかいた後はスプレーで終わりではなく、しっかり汗を拭き取ることが臭い対策になります。










長時間効果が欲しいならこれ!


ちょっとした汗の臭いなら、スプレータイプのもので十分です。
もしも長時間効果を持続させたいなら、おすすめはロールタイプ・クリームタイプです。
このタイプは肌に直接塗るため、スプレータイプよりも効果が長持ちしやすいのです。








まとめ

今回は「制汗剤を使うコツ」について書きました。
制汗剤はあくまでも一時的なものだと考えてください。
汗の量が多いと抑えきれないこともあります。
それに、使い過ぎると肌にとって負担になってしまいます。

また、効果が長持ちするロールタイプやクリームタイプを使った後は、きちんと肌に付いた制汗剤を拭き取りましょう!



>関連記事:「気になる夏の体臭と原因・対策」はこちらへ

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント