FC2ブログ

記事一覧

ダイエットアピールでうざい人になっているかも?自分の経験から原因を考えてみる

今回は、ダイエットアピールについてまとめていきます。

・ダイエットしている友達がうざい
・ダイエットを人に自慢したい
・ダイエットすると周囲が素っ気なくなる
・「痩せなきゃ」が口癖
・ダイエットを「邪魔されている」と感じる

思い当たることはありませんか?


自分がダイエット成功したことをつい自慢したくなったり、逆に痩せている人の「太っちゃった~」や「痩せなきゃ~」にイラッとしたりした経験がある人は多いと思います。


私もダイエット成功をわざわざ友達に報告したことがありましたし、モデル並みに細い友達のダイエット宣言には「いちいち言わなきゃいいのに」と思ったこともありました。

つまり、私自信がダイエットアピールでうざい人だったんです💧


自分が言われたらうざいのに、立場が逆の時はつい言ってしまうんです。あとは友達のダイエットを応援する気になれないこともあります。


こんな風に、ダイエットで人間関係がこじれる、付き合う友達が変わるのはよくあることです。

ですが、あまり好きじゃない人と縁が切れるのは良いとしても、本当に仲の良い人まで離れて行ったら寂しいですよね。


そこで今回は、ダイエットアピールの理由や対処法について考えていきたいと思います。





☆関連情報☆
人のダイエットは邪魔したくなる? 周囲の心理と痩せたい理由








この記事の内容


ダイエットアピールする理由

太っているという思い込み

なぜ太るのを嫌がるのか

自分より太っている人を見て安心したい

ダイエット成功を自慢したい

人のダイエットアピールをうざいと思う理由

楽しい雰囲気を壊す

嫌味っぽい

変化を嫌う

内緒でダイエットすればトラブル防止になる

プライベートジムを活用














ダイエットアピールする理由



そもそも、なぜわざわざ「ダイエットしなきゃ」と言うのでしょうか?

「絶対痩せるぞ~!」という決意表明なのかもしれませんが、あまりにしつこいと「私に言われても…」と思いますよね。

最初の数回なら「頑張ってね」と言えるかもしれませんが、会う度にダイエットダイエットうるさいと「いつになったら痩せるの?」と言いたくなったりします。

何も考えずに口癖で「痩せなきゃ」と言ってるだけの人もいますが、不安やイライラから口に出している人もいると思います。

そこで、ダイエットアピールしたい時の気持ちを「思い込み」「安心したい」「自慢したい」の3つに分類してみました。









太っているという思い込み



まずは、自分が本当に太っていると思っている時です。

比較対象は、モデルや最高に痩せていた時の自分である場合が多いです。それと比べて「太った」と言っているのです。


そのため、自分より太っている人や同じくらいの体型の人を傷付けている自覚はありません。自分の体型しか見えていないので、周囲への配慮がなくなりがちです。


そして周囲から見たら本人が言うほど太っていないように見えることが多いです。だから「何言ってんだろ?」と感じるかもしれません。「痩せてるじゃんって言われたいのかな?」と思ってしまうこともあるでしょう。



ですが、このタイプは特にお世辞や同意を求めていません。ついうっかり口に出してしまっただけだったりします。

話題を変えればダイエット話もあっさり終わることがほとんどです。それでもダイエット話になるようだったら、「どのくらいまで痩せたいの?」や「誰が目標?」など具体的に聞いてみます。


本人は本当に痩せたいと思っているので、「○○みたいな体型に憧れてるんだよね」とか「学生時代の体型を目指してるの」など、目標があるはずです。

逆に具体的な目標が何もなければ、それ以上ダイエットアピール出来なくなります。

ただ「痩せたい」よりも「○○みたいになりたい」と具体的に言ってもらう方が聞く側のイライラも半減します。


具体的な目標だったら、言う側も口だけじゃなくて実際に努力せざるを得なくなります。相手が本当にダイエットする気になってもならなくても、あなたにダイエットの話はしづらくなります。










なぜ太るのを嫌がるのか



太っていてもおしゃれな人、素敵な人はいます。自信を持っていて明るい雰囲気なら、体型は関係ないかもしれません。

しかし、現代は太っていることへのネガティブなイメージが強いですよね。

実際、太っている時と痩せている時では周りの対応が違う、ということもあります。

あと、太っていると良くも悪くも人に遠慮されないです。おおらかそう、とか癒されるというと聞こえはいいです。

でもその裏には「何でも受け入れてくれそう」「雑に扱ってもいい」が含まれていることもあります。

今は一般人も芸能人のような痩せ方が可能になりましたし、昔と比べて「痩せている綺麗な人」が増えたとも言われています。

しかし誰でも痩せて綺麗になれるからこそ、そうでない人は努力していないと見なされてしまうことにも繋がります。

見た目に厳しい現代では、年中ダイエットにとらわれる人や太ることに恐怖を感じる人が出て来るのも仕方がないと思います。












自分より太っている人を見て安心したい



嫌な感じのダイエットアピールをする人に最も多いのが、このタイプの気がします。「太ってないよ~」とか「痩せてるじゃん」と言われたい人達です。

太ることに強い嫌悪感があるのか、ちょっとむくんだり食べ過ぎたりしただけでも焦ります。そのため、このタイプの「ダイエットしなきゃ」は不安を感じている状態の時に出ます。

そして、先ほどの「思い込み」タイプと違って、自分より太っている人をしっかり意識しているのもこの「安心したい」タイプです。


自分より太っている人には絶対「痩せてるじゃん」と言ってもらえるからです。こうして見ると、なんだか凄く嫌な奴みたいですが、心当たりのある人も多いのではないでしょうか?



高校生くらいの時によく自分も人にやっていた気がします。逆に自分より細い子にはやられていましたね(笑)


このタイプには、最初は適当に同調してしつこいようならはっきり言うのが良いです。

最初から拒否すると面倒なことになる場合もあるので、まずは相手の望み通り「太ってないよ」「痩せてるじゃん」を言って話題を変えます。


それでもしつこく「本当太ってるんだってばー」などとダイエットアピールしてきた時に不快感を伝えます。

やんわり言うなら、「私より細いのに嫌味かと思った~」など、はっきり言うなら「そういう話面倒臭いんだけど」といった感じです。

嫌がっているのが伝われば、それ以上その話を続けようとはしません。それでもダイエットアピールをやめないなら、その人とは距離を置いた方が良いかもしれません。















ダイエット成功を自慢したい



3つ目は、単純にダイエット成功を自慢したいだけの人です。ダイエットに成功した人なので、自分が痩せている自覚はあります。


優越感に浸ってしまい、周囲への配慮もなくなりがちです。この状態は、「ダイエッターズハイ」とも言われています。

☆ダイエッターズハイとは
ダイエットが好調でハイテンションになっている状態。集中力や代謝もアップし仕事や勉強、趣味なども上手く行く、楽しめるようになります。
食事制限が苦にならなくなり、拒食症気味になる人もいると言われています。

・ダイエットに苦戦して成功した人ほどこの浮かれた状態になりやすい
・自分より太っている人に対して強気になる
・周囲にもダイエットを勧める

後々人間関係のトラブルに発展する可能性が高いのも、このタイプの特徴です。

イラッとしても最初は褒めておいて、あまりにうざい時は「自慢うざいわー」とか「その話飽きた」とはっきり言いましょう。

反感を買っていることが分かればさすがにやめるはずです。
それでも延々とダイエット語りするようなら、向こうが落ち着くまで距離を置いてみるのもいいと思います。



神経質・意志が弱い人のダイエットを成功させるコツ













ダイエットアピールをうざいと思う理由



なぜダイエットアピールは不快なのでしょうか?
どんなに普段仲が良い人でも、「痩せたい」や「ダイエット中なの」と聞くとモヤモヤすることはありますよね。


まして、嫌いな人のダイエットアピールなら「嫌味か」とか「わざわざ言いに来んなよ」と思ってしまいませんか?

ダイエットアピールを嫌がる理由としてよく聞くのが、「楽しい雰囲気を壊す」「嫌味に聞こえる」です。

ダイエットでイライラして余計なことを言ってしまったり、「ダイエットしなきゃ」に対して過剰に反応してしまったり。

ダイエット中はそれまでの人間関係がギクシャクしやすくなり、ダイエットする人もその周囲の人も、複雑な気持ちを抱えています。










楽しい雰囲気を壊す



お出かけして食事する時、1人ダイエット中の人がいると、雰囲気が壊れると言う話をよく聞きます。

確かに、皆でご馳走を食べに来たのに1人が「ダイエット中だから低カロリーのものにする」なんて言ったら、「目の前で好きなもの食べるの悪いな」と気を遣いますよね。

反対に、ダイエット中に自分以外が美味しいご馳走を食べていたら、「私は食べられないのに!」と思ったりしませんか?

ダイエットしていると、「食べたいのに、痩せたいから食べられない」や「行かなきゃいいと分かっているけれど、付き合いが悪くなるのも嫌だ」といった葛藤が生まれて来ることがあります。

そんな時は、思いきってグループと距離を置くのも良いかもしれません。

私は学生時代や社会人なりたての頃はつるむ友人も今より多かったので、ダイエット中は結構ストレスがたまりました。

友人とは言えグループになると、自分の都合だけで動けない暗黙のルールみたいなのがありましたし。

正直中には苦手な人もいたので、自分のダイエットは絶対に知られたくありませんでした。もしも、ダイエットがバレてたら揉めていたと思います。

でも付き合う友人が限定してからは、こういったストレスはみるみる減っていきました。無理して食事に参加しなくて良いので、変な葛藤はなくなります。雰囲気をぶち壊す心配もありません。


本当に親しい人だけに付き合いを限定するだけでも全然違います。










嫌味っぽい



言っている人にそのつもりはなくとも、「ダイエットしなきゃ」は嫌味として受け取られることが多いです。

「私にもダイエットしろって言ってる?」「ダイエット頑張ってる私凄いでしょってこと?」など、ダイエットに限らなくても、「○○しなきゃ」は、自分がその気になれない状態だと疲れてしまいます。


自分が勉強したくない時の「勉強しなきゃ」とかもイラッとしたことがありませんか?

ダイエットも同じです。ダイエットから離れたい時に「ダイエットしなきゃ」は聞きたくないですよね。


実際にダイエットアピールを嫌味として使う人もいます。純粋に「自分の方が上だ」と格付けしたい人もいれば、自分より太っている人に対して、「私がダイエットしてるのにあなたはしなくていいの?」と忠告の意味で使う人もいます。

後者は親切ととれなくもないですが、人によっては余計なお世話でしかないですよね。

嫌味でも心配でも、よほど親しい間柄でなければ、人間関係にヒビが入ってしまいます。


「ダイエットしなきゃ」が口癖になっている人は、あまり親しくない人の前で言わない方が無難です。








変化を嫌う



人は身近な人の変化が嫌いです。特に、自分と同等か下だと思っていた相手の変化には敏感です。
ダイエットはそれが最も分かりやすくなります。


「太っていた人が痩せるとムカつく」とか「痩せたら可愛げがなくなった」など聞いたことがありませんか?

ダイエット成功した時、人間関係に変化が出ることは少なくありません。親しかった友人と疎遠になったり、全然喋ったことのない人と仲良くなったり。

もちろん、過剰なダイエットアピールで人が寄り付かなくなっている可能性もあります。特にダイエット成功で浮かれていると、周囲に無遠慮になってしまうこともありますから、そこは気を付けた方がいいです。


ただ、「太ってた癖に」とか「可愛げがなくなったよね」といったことを言う人、要は「自信を持ったあなたが気に入らない」というような人は、そのまま遠ざけてしまった方が良いでしょう。



☆関連情報☆
人のダイエットは邪魔したくなる? 周囲の心理と痩せたい理由


















内緒でダイエットすればトラブル防止になる



人間関係を壊さずダイエットするには、誰にも言わないのがベストです。


内緒にすることで、避けられるトラブルはたくさんあります。ダイエットを邪魔する人対策にもなります。

ただ、誰かに言いたい人にはちょっと大変かもしれません。そんな時は、同じ目的の人を見つけるのが良いでしょう。


スポーツジムに通ってみるとか、ネット上でダイエット仲間を見つけるとか。リアルな友人達には言わず、普段あまり顔を合わせない人に言うのでも良いと思います。












プライベートジムを活用



ダイエットでの不安を抱える人には、プライベートジムもおすすめです。プライベートジムは、トレーナーさんとのマンツーマンでのトレーニングです。


ダイエットをする上での悩みを相談出来ますし、運動の仕方や食生活のアドバイスももらえるのです。


普通のジムよりも丁寧に指導してもらえて、ただ一時的に痩せるのではなくリバウンドしない体づくりのコツを知るチャンスにもなります。

ここでしっかりダイエット出来れば、無闇に「痩せなきゃ」と呟くこともなくなるかもしれません。




☆おすすめ情報☆
バレずに痩せられる!プライベートジムについて












まとめ


ダイエットアピール対処法

モデルや昔の自分と比較して「太っている」と思い込む人には…
・お世辞や同調はいらない
・話題を変える
・具体的な目標を聞く


「痩せてるじゃん」と言われて安心したい人には…
・最初だけ同調する
・しつこい時は不快感を伝える
・距離を置く


ダイエッターズハイで舞い上がって自慢してくる人には…
・最初だけ褒める
・しつこい時は不快感を伝える
・距離を置く

トラブルを避けるには
・ダイエット中は食事に行かない
・本当に親しい人だけと付き合う
・人前での独り言に注意
・内緒でダイエットする
・ダイエット仲間を見つける(程々の距離で)
・プライベートジムを活用
・ダイエットの悩みは専門家(トレーナーやインストラクター)に相談する

今回はダイエットアピールの理由と対処法について考えてみました。人のダイエットアピールは確かにイライラしますが、自分もダイエット中は不安だったな、と思えば、そういう人にも穏やかに接することが出来るようになりました。

私はダイエットアピールする前に行動する、ダイエットを秘密にするようにしていたら、以前より友人と揉めなくなりました。

(前の私は、痩せたいと言いながらお菓子食べてるような奴だったので、友人も相当うざかっただろうな、と反省してます😅)

友達とのトラブルを避けるには、体型が気になったら「口に出す前にダイエットする」のが一番な気がします。







☆おすすめ情報☆
神経質・意志が弱い人のダイエットを成功させるコツ

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント