FC2ブログ

記事一覧

母親が娘のダイエットを邪魔することと距離感について考えてみる

今回は娘のダイエットを邪魔する母親と距離感についてです。

ダイエット中は、誰でも多少ピリピリしてしまうと思います。もともと繊細な性格の人や他人の言動を気にしてしまう人はなおさらでしょう。

「母親にダイエットを邪魔される」と感じる人は少なくありません。もちろん、母親に限らず一緒に住む家族から妨害される場合もあるでしょう。

父親や兄弟、同棲する恋人が邪魔する人しれません。以前人のダイエットは邪魔したくなる? 周囲の心理と痩せたい理由でも
「身近な人に変わって欲しくない心理」について書きましたが、この記事では母親が娘のダイエットを邪魔する理由を中心に扱っていきたいと思います。












この記事の内容


母親にダイエットを邪魔されていた

母親が娘のダイエットを邪魔する理由

娘に執着している

ダイエットしたいと強く思うほど邪魔されやすくなる

ダイエットを邪魔したくなる心理

ダイエット妨害と自信のない人を好む心理

ダイエットで邪魔されないためには距離を取る

ダイエットする時は上手く周りと距離を取ろう








母親にダイエットを邪魔されていた



私は10代から20代前半まで母親にダイエットを邪魔されていました。ダイエットに気付くと私のお皿にはいつもより多めのおかずが盛られ、普段は買わないようなお菓子を買ってくるんです。

あとは「彼氏もいないくせに痩せる意味ないでしょ」とも言われていました。彼氏がいた時はいた時で「痩せると彼は嫌がると思うよ」です。

この他には「折角買って来たのに」がありました。罪悪感と食欲を上手く利用され、食べてしまったこともたくさんあります。懐いていたおじさん、おばさんの名前を出して「○○おじさんがあんたを喜ばせようとしてくれたのに…」のパターンもありました。









母親が娘のダイエットを邪魔する理由



母親は子どもの健康を気にします。親として心配しているのはもちろん、世間体もあると思います。田舎はもちろん、都市部でも似た属性の人しかいない環境だと監視し合うこともあると思います。

私の地元は同級性どころか、全学年の子どもの顔と名前が完全に把握されてました。しかも当時、田舎はぽっちゃり体型が普通で細いと不健康、家庭に問題があるみたい言われることもありました。

そして、子どもが不健康そうだと疑われるのは大体お母さんです。子どもの見た目が派手(進んでおしゃれしている)だったり、ちょっとワルそうな雰囲気でも出していない限り、「ちゃんと食べさせていないんじゃないの?」と見られてしまうこともあります。









娘に執着している




あとは「親離れしたみたいで寂しい」もあるでしょう。もちろん人によりますが、母親の中には娘に執着する人もいます。

ダイエットは世界を広げるきっかけになることもあります。

ダイエットが成功すれば自信を持てます。自分で好きなおしゃれをしたり、彼氏を作ったり、母親が選ぶものではなく、自分であれこれ決められるようになります。

母親が娘に執着していると、なんとか自分の手元に置いておきたい、と自立を妨害することもあります。

でも大抵そういった執着は長続きしません。進学や就職で家を出れば解決するでしょう。私も大学進学で物理的な距離ができてからは、余計な口出しや干渉を受けることが激減しました。










ダイエットしたいと強く思うほど邪魔されやすくなる



私は「絶対に痩せてやる!」と思っている時ほど邪魔されやすかったです。多分、痩せることを意識し過ぎて変に力が入っていたから、言っていなくても気付かれたんですよね。そして意気込んでいた分、少しでも上手く行かないとへこみました。

なんとなくダイエットしていた時は結構順調に痩せていました。気持ち的には「痩せたらいいな」程度です。緩い感じでダイエットしていると、気付かれにくいし邪魔されなかったです。

意志が強くて誰に何を言われても負けない人ならいいです。でもあまりメンタルが強くない人が決意表明するとプレッシャーになるし、干渉したい人を刺激することもあります。









ダイエットを邪魔したくなる心理



ダイエットに限りませんが、人は身近な人に変化が起こるのを避けたがります。親しければ親しい程、良い変化でも悪い変化でも抵抗を感じやすくなります。家族や恋人がダイエットを邪魔する時は、この心理が強く働いているからかもしれません。


また、邪魔してくる相手が「自信のないあなたが好き」という場合もあります。

ダイエットしたいと思う時は自信がない状態ですよね。反対にダイエットに成功すれば自信を持てるでしょう。

良い変化のために頑張っているんだから、応援してくれたらいいのに、と思いますよね。


相手が「自信のないあなたが好き」だと、良い変化を快く思わないでしょう。そうなると、自信を持ってほしくない相手と自信を持ちたいあなたという状態になってしまいます。

相手のことが凄く好き、他に長所がたくさんあるなどでなければ、離れた方がいいと思います。



15687042600.jpeg








ダイエット妨害と自信のない人を好む心理



「自信のない人が好き」っていう心理も、ダイエットの妨害に関係ありそう、と思ったので、ちよっと考えてみました。

自信のない人を好む、と言っても応援したい、勇気付けたい心理のことではありません。むしろその逆で「自分より劣っているから安心する」とか「従順そうだから好き」という気持ちのことです。



私自身、周りより小柄で大人しそうに見えることで、上記の言動をする人に好かれていました。最初から敵意があるわけではなく、こっちが意見を言う、主体的に動くと途端に「生意気な!」と言わんばかりに態度を変えてくる、といった感じです。



ダイエットが最も分かりやすくて、痩せようとしているのに気付くと「あんたはぽっちゃり枠だから痩せなくていいの!」言ってくるとか。


そういう人が好む状態でなくなった時、無関心になってもらえるのはいいんです。足引っ張ったり攻撃されたりする方が面倒ですから。

私の場合友人グループの1人がこんな感じでしたが、もし母親がこのタイプだったら、自立して家を出るまで大変だったと思います。









ダイエットで邪魔されないためには距離を取る



ダイエットを母親に邪魔されないためには、日頃から母親と距離感を持つことをおすすめします。物理的に距離を取れるならそれが望ましいです。しかし、すぐにはそうできない人もいるでしょう。そんな時は心の距離を取るといいです。

心の距離といっても、険悪になる必要はありません。第一、まったく口を聞かないとか、顔をあわさないようにするのは難しいですよね。そこで、母親(邪魔してくる人)と話す内容や、普段の行動を変えていきます。


例えば、自分の料理は自分で作る、盛り付ける、掃除洗濯をやってもらわないだけでもだいぶ距離はとれます。母親の干渉が嫌なら、こっちも向こうに依存しないようにするんです。この他には、母親が興味のないことを趣味にするのもいいです。








ダイエットする時は上手く周りと距離を取ろう



ダイエットをすると、それまで当たり前だった人間関係が大きく変わることがあります。人は身近な人に変わってほしくないので、変化しようとすると邪魔されることもあると思います。

ストレスなくダイエットするなら、邪魔してくる人とは日頃から適度に距離を取るといいです。普段から距離が近いと遠慮がなくなり、口出しされやすくなります。



私もそうでしたが、神経質だったり自信がなかったりするとダイエットでも疲れてしまいますよね。

でも1回上手く痩せられたら、それだけで自信になります。自分の意志と努力でなりたい自分になれたら、周りの言動に振り回されなくなっていくはずです。

家族や恋人、友人が今は痩せてほしくない、と思っていたとしても、ダイエットが成功すれば変わるはずです。今度はきれいに痩せている状態のあなたが当たり前になります。(痩せた後また太らせようとしてくるなら、やっぱり距離を置いた方がいいと思いますが😓)

最後まで読んでくださってありがとうございました!










関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント