記事一覧

意外と気付かない!それって食物アレルギーかも?

食後に体の調子が悪くなったことはありませんか?
「喉がイガイガする」「唾を飲み込めない」「お腹が痛い」「下痢気味になる」
一見、風邪を引いた時のように出る症状のようです。
しかし、これらの症状がある特定のものを食べた時に起こっている場合があります。
このような症状は、食物アレルギーと言われています。
「メロン」「キウイ」などのフルーツだったり「大豆」「卵」「海老」などの食卓によく並ぶものだったり。

毎日食べているものが、ある日突然食べられなくなるかも…!
もしもそれが好物だったら、つらいですよね😢
今回は「食物アレルギーと症状・対策」について書いていきます!


この記事の内容

段々増えている!食物アレルギーとは?

こんな症状も実はアレルギーだった!?

食物アレルギーを防ぐには

これってアレルギー?豆乳が飲めなくなった話











段々増えている!食物アレルギーとは?


食物アレルギー患者は、ここ十数年で増加していると言われています。
「食物アレルギー」というと、子供が発症するものと思われがちでしたが、大人にも多くの患者が存在しています。

「アレルギー」というと、「花粉症」が分かりやすいかと思います。
花粉症は、人間の体内にある免疫グロブリンが、本来無害な花粉に対して過剰に反応することで発症します。
免疫グロブリンの本来の働きは、「体に入って来た細菌を追い出すこと」です。
普段は、あらゆる細菌やウイルスから、私達の体を守ってくれています。

しかしこの免疫グロブリンは、花粉や食べ物などの無害なものまで排除する働きをしてしまうことがあります。
この状態が、「花粉症やその他のアレルギー」なのです。
食物アレルギーも、症状を引き起こすメカニズムは花粉症と同じです。

体内に入った無害な食べ物に対して、免疫グロブリンが攻撃してしまうことで、食物アレルギーは引き起こされます。
食物アレルギーの場合は、食べ物に含まれるタンパク質が異物(アレルゲン)と認識されて発症します。

次は、アレルギーの意外な症状について紹介します。








こんな症状も実はアレルギーだった!?


アレルギーの症状は「くしゃみ・鼻水」のような比較的軽いものから、「呼吸困難」「血圧低下」などの命にかかわる重症なものまで様々です。

食物アレルギーには、即時型と遅延型の2つがあります。
さらにこの2つは、症状の出方にも違いがあります。

・即時型
食べてからすぐ症状が出る。
症状としては、「皮膚の痒み」「喉のイガイガ」
「くしゃみや鼻水」「腹痛や下痢」「呼吸困難」

・遅延型
食べてから症状が出るまで時間がかかる。
かかる時間の幅も広く、数時間~数週間かかることも。
症状としては、「頭痛」「めまい」「だるさ」「肌荒れ」「情緒不安定」など。

「皮膚の痒み」「喉のイガイガ」「下痢」あたりはよく聞くアレルギー症状ですよね。
しかし、「肌荒れ」や「情緒不安定」まで何らかのアレルギーかもしれないなんて…。
食べてからすぐに症状があれば、「これはアレルギーかもしれない」と気付けそうです。
しかし、食べて数週間も経ってから不調が出ても、なかなかアレルギーだとは思いませんよね。(数時間ならまだ分かりそうですが💦)

症状が重くなれば、命の危険もある食物アレルギー。
今まで平気で食べていたもので、ある日突然アレルギーを引き起こすことも少なくありません。

どうしたら予防出来るのでしょうか?
次は、「食物アレルギーの対策」について紹介します。












食物アレルギーを防ぐには


食物アレルギーを予防するには、どうしたら良いのでしょうか?
食事は毎日のことですし、アレルギーの危険があると言っても、全く食べないというのは難しいです。

ここで、食物アレルギーになりやすいタイプを紹介します。

【食物アレルギーになりやすい人】

・毎日同じものを食べている
・好き嫌いが激しい
・甘いものをよく食べる
・花粉症
・便秘がち
・ストレスが多い

毎日同じものを食べていて、食後調子が優れない場合、その食品がアレルギーになる危険性があります。
毎日食べていたのを1日~2日置きにしてみるなど、工夫が必要になります。


また、腸の調子を整えておくことも、アレルギー症状の予防・改善になります。
なぜかというと、アレルギーには免疫機能が関係しています。
そして、その免疫機能の60%
が集中しているのが、だと言われています。
そのため、腸内環境を良くしておくことが、アレルギーの症状を緩和させることに繋がります❗

では、具体的に腸内環境を良くする食べ物を紹介します!
【善玉菌を含む食品】
・ヨーグルトなどの乳製品
・乳酸菌飲料
・キムチ

腸内環境を良くするには、まずは善玉菌を増やすことです。
善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)は、健康を守ってくれる菌です✨


【食物繊維豊富な食品】
善玉菌は、食物繊維をエサにします。善玉菌を育てるには、食物繊維を豊富に含む根菜がおすすめです。
・人参
・レンコン
・ごぼう

【オリゴ糖豊富な食品】
オリゴ糖も食物繊維と同じく、エサとなって善玉菌を育てます。
・バナナ
・きなこ
・ごぼう

健康や美容に良い食品でも、アレルギーの心配がある場合は、1日置きに摂るなど工夫してみましょう!







これってアレルギー? 豆乳が飲めなくなった話


私は以前、豆乳が大好きでした。
牛乳より飲みやすく、美容にも健康にも良いので毎日のように飲んでいました。
1ヶ月程毎朝飲み続けていると、髪の毛も肌も綺麗になっているように思えました。
嬉しくなって、「これは続けよう!」と決意。
さらにそこから1~2年程は毎朝豆乳を欠かしませんでした。




【飲んだ後に異変が】
その後2、3ヶ月程ですが、しばらく豆乳を飲まない時期がありました。
「そういえば、しばらく飲んでなかったな」と、お昼休み久々に豆乳を買って飲んだ時のことです。
休憩が終わって2時間くらい経って、喉がイガイガし始めました。
唾が上手く飲み込めなくて喋ると痛い。
その時は「風邪引いちゃった?」としか思いませんでした。
その日は夜まで喉の不快感が続きましたが、翌日の朝にはすっかり良くなっていたし、咳も痰も出ませんでした。
だから「疲れていた」「食べ物が変なところに入った」とかだろうと考えて、特に気にしませんでした。




【豆乳が原因?】
それが、数日後朝豆乳を飲んで1時間くらいした時、また喉が痛くなりました。
幸い休日で予定もなかったので、市販の痛み止めを飲んで大人しくしていました。
翌朝には違和感はあるものの、痛みは取れていました。
この時から「もしかして豆乳のせい?」と疑い始めました。
そこで日記に、その日食べたものと体調をメモしていくことにしました。
そうしたら、嫌な予感的中。
豆乳を飲んだ日、必ず喉を痛めていました。




【いまだに飲めない!】
好きな飲み物だったのでショックでした。
そのままが無理ならと、温めて飲んでみたこともありました。
この飲み方も、最初はいけそうだったんですが、2回目からは駄目でした。
おまけに調べても「豆乳アレルギー」は見当たらない。
それに、他の大豆製品はなんともないんです。
豆乳だけ体調が悪くなる。
最初は問題なく飲めていたのに…。
花粉症みたいに体に蓄積されちゃったのかもしれません😢
今は怖くてなかなか買って飲む気になれません。
味噌や豆腐は平気なのが幸いです。




201804051519598d5.jpg



まとめ

今回は「食物アレルギーと症状・対策」について書きました。
食物アレルギーは、いつ発症するか分からない怖さがあります。
しかし、 毎日の食生活を変化に富んだものにする腸の調子を整えておくことで、予防することが出来ます。

あとは、日記に食事内容と体調をメモすることをおすすめします。
自分が「いつ・何を食べて・どんな風に具合が悪いか」がすぐ分かるからです。
私もこの方法で豆乳に気付けました。

3食全部改善は大変そうですが、1日のうちの1食からでも、チャレンジしていこうかと思います。
タンパク質でも野菜でも、毎日「卵」とか「キャベツ」ではなく、「日替わりにする」のが飽きないし、体にも良さそうですね😄






関連記事:「花粉症の症状を和らげる食事について」はこちらへ



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

敏感肌ランキングへ

にきび・吹き出物ランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。
年齢は20代後半(女)で、趣味は美容や健康について調べることとそれを実践すること・読書・ドラマやアニメの鑑賞など。
好きな食べ物は果物、ナッツ類、お菓子です。
ハーブティーにもハマっております。
現在の目標は「健康美人な30代」です!

最新コメント

美容情報ブログランキング