FC2ブログ

記事一覧

口呼吸を改善してみたら、美容と健康に良い影響が出てきた!

今回は、最近の体調と美容の話です。

小顔や顔のたるみのことを調べていたら、その関連情報に気になることがありました。

それが、今回書いていく口呼吸なんですが、私は自分が口呼吸しがちなことに、最近になって気付きました。しかも、口呼吸って体調や見た目に良くない影響がある、みたいだし…😨

次第に、喉の調子がいつもいまいちなのも、口元がだるい感じになのも、この習慣から来るものだったのかも?と思い始めました。


この記事では、口呼吸の影響、私がおこなった改善方法、改善した後の状態について書いていこうと思います。




15979151840.jpeg






この記事の内容


口呼吸を改善したら体調が良くなった

口呼吸になった原因

口呼吸が体に及ぼした影響

喉が乾燥して風邪を引きやすい

唇がカサカサになる・分厚く見える

口元からアゴにかけてがだらしなくなる

口呼吸の改善のためにやったこと

夜寝る時にテープを貼ってみる

日中も普段から自分の口元を意識する

口呼吸を改善しただけで今までの不調が軽くなった







口呼吸を改善したら体調が良くなった



口呼吸から鼻呼吸になってから、ちょっとずつ体調が良くなってきたように感じます。まず定期的な喉のイガイガが和らいでるし、朝起きた時に口臭や喉の乾きを感じることが減ってきました。

昔から喉が弱くて、漢方とかマッサージとか試してはいましたが、こんなに症状がない期間がなかったので自分でもびっくりしてます。生理が始まってから定期的に喉が痛くなるようになったので、原因は婦人科系とか甲状腺だと思ってたんです…(^^;

ストレスを感じやすい気質も関係してるのかな、と思ってました。こんなに喉の調子がいいのって、子どもの頃以来かもしれないです。そういえば最近は唾を飲み込む頻度も減ってるかも…。とにかく、最近は喉がすっきりして快適に過ごしてます(笑)








口呼吸になった原因



口呼吸になりやすいのは鼻づまりしやすい人、と聞いたことがあります。鼻づまりしてる時って、鼻から呼吸ができないので息苦しいですよね💦そうすると、どうしても口を開いて息をするしかないです。風邪の治り際とか花粉症とか、本当にしんどいですよね。

私は喉は弱いけれど、鼻に関しては普通じゃないかと思っています。風邪はいつも喉からだし、鼻の症状というと治りかけに鼻水が出るくらいです。花粉症になったのも高校生になってからだし、それも鼻水より涙の方がひどかったくらいなので…。

私の場合、何かに集中している時、顔がぼーっとしがちなことが原因かと思います。実際、パソコンで作業していた時、気付くと口が開いていたことがありました。自然にしていると顔に力が入ってない、というか、だるそうな雰囲気になりがちでした。一応人前では気を付けていたつもりだけど、気を抜いた時が怖いです(笑)







口呼吸が体に及ぼした影響




ここからは、口呼吸を続けていたことで私の体にどんな影響があったのかを簡単に書いていきます。中には口呼吸だけが原因じゃないものもある気がするけれど、鼻呼吸にしてから良くなったものもあるので、ここにまとめてみました。





喉が乾燥して風邪を引きやすい



まずは、風邪を引きやすかったことです。私はいつも喉から風邪を引くタイプで、最初に声を出しにくくなって、次に痰が絡む、喉が痛くなるといった感じです。この後に寒気がして熱が出たり、咳が止まらなくなったりしてました。

成人してからは熱が出る前に対処していたけれど、薬を飲んでいても治るまでは喉がつらい期間が長かったなあ、と思います。マスクは常備していたし、水分もこまめに摂るように気を付けていました。
でも口が開いているってことは、口の中が乾燥してしまうので、ウイルスが侵入しやすくなるんですよね。他の面で気を付けていても、ちょっと寝不足が続いてたり、ストレスが多かったりすると、すぐ症状が出ていました。そもそも口呼吸だと夜寝ている時の方がヤバいです。風邪引いてる最中なんかは、寝苦しくて口呼吸になって、乾燥して咳が出て眠れない、の悪循環でした(^^

夜はマスクを付けて洗濯物をベッドの周りの干して、なんとかしのいでいた感じです。もし加湿器があるなら、咳が出るときは点けてたてもいいと思います。あとマスクでも、保湿機能があるタイプなら乾燥対策もばっちりなので、風邪で寝苦しい時にはおすすめです。







唇がカサカサになる・分厚く見える



次は、美容への影響についてです。喉が乾燥するくらいなので、当然口の中や唇も乾燥します。私も前は年中唇がカサカサでした。水分はこまめに摂っているのに、唇が潤ってる時が滅多になくて、いつも荒れていたんです(^^;

リップクリームでごまかしていたけれど、荒れる原因が解決できてなかったので、時間が経つとすぐガサガサになってしまいました。ひどいと皮が取れてボロボロになることもあったし、荒れてない時でも唇に縦シワがあるのも嫌でした。

あとは、唇が分厚く見えてしまうことです。厚くなるというよりは、厚く見えるという感じです。常に唇が荒れていると、メイクをした時にきれいに口紅がつかなかったり、皮がたるんでよぼよぼになって変に厚みが出てしまったりしていました。私の場合は、下唇が厚く見えてたので、ファンデーションでごまかすこともありました。

さっきも書いたけれど、私は顔がぼーっとしがちだったので、唇周りの筋肉も衰えている気がしています。乾燥と口が開いてしまうことの他、口の筋肉の緩みもあって、唇が余計に目立って見えるのかな、と思いました。最近は小顔になりたくていろいろ試しているので、その流れで口元も引き締めていきたいと思ってます。








口元からアゴにかけてがだらしなくなる




口呼吸で口をぼんやり開けていると、どうしてもぼんやりした表情になってしまいます。私も、何もしていない時と何かに没頭している時、口元からアゴの辺りがだらしない感じになってしまいました。

若い頃は顔の中でも目元にばっかり気を遣っていて、鼻から下のことはおろそかになっていました。口元に違和感を覚えたのもつい最近です。同年代と比べて、「なんか私の口元ふけてる?」と思ったら、顔の下半分がだらしなくなってたことに気付きました。

表情を作っている時はまだマシだけど、無表情になると口角が下がってるし、アゴ周りもたるんでて気になるし…。これで口呼吸してたら、顔がますます引き締まらなくなっていくと思いました。今はとにかく、意識して口を閉じるようにしています。














口呼吸を改善のためにやったこと



ここからは、私が口呼吸改善のためにやってきたことを書きます。私が口呼吸するようになった原因は、顔、というか表情に気を抜いていたことでした。鼻づまりなど、体質が原因の場合は、ここに書いた方法では上手く改善されないと思うので、病院で専門の医師に相談した方がいいです。

私の場合は、以下の方法で口呼吸がほぼ改善されてきたので、もしぼーっとして口呼吸になりがち、という人には効果があるかもしれません。では、紹介していきます。









夜寝る時にテープを貼ってみる



最初に自分の口呼吸に気付いてから、やってみたのが鼻呼吸テープでした。テープは通販で安くなっていたのを買ってみました。ただ、テープというと肌に貼ることになります。私は肌が弱い方なので、いきなり長時間ではなく、まず1時間だけ貼って過ごしてみました。

テープは口を閉じて、その上に貼ります。思ったよりしっかりくっついてて、「これ、夜息苦しくなったらどうしよう」と思って怖かったんですが、はがそうと思えばペリッと取れてきました(笑)しっかりくっついているのは最初だけで、時間が経つとはがれやすくなるようです。

1週間試しに貼って寝てみて、特に夜口呼吸が我慢できなくて苦しくなった、とかはないです。というか、朝になったら、勝手に(無意識)にはがれてた…(笑)テープで唇や肌がかぶれたなどもなく、1000円で30枚入りだったんですが、値段の割にはまあまあかな、といった印象です。続けようと思えば続けられそうでした。


テープのおかげかは分からないけど、朝前より喉が乾かないし、夜に関しては自然と鼻呼吸になっていった、感じです。





日中も普段から自分の口元を意識する




もう一つの方法は、普段から口元を意識することでした。

日中テープを付けてるわけにもいかないので、仕事中、テレビや動画を見ている時、移動中は特に気を付けてました。

それでも、気付くとぼんやりした顔になってるので、習慣が定着するまで結構かかった気がします。今まで意識してなかったことをすぐにやろうとしても難しいんですよね。

そこで、私は口紅を使ってみました。なぜ口紅かというと、きれいな色の口紅を塗っていれば、自然と表情に気を付けるかな、と思ったからです。

結構適当ですよね(笑)

普段出かける時くらいしか塗らないけど、家での仕事中も付けるようにしてみました。今じゃほぼばっちりメイクしてます。

なんとなくやってみた方法だけど、確かにノーメイクの時より気を付けるようにはなるかも、と思いました。


すっぴんの時は気を抜いた顔になってるかもしれないけれど、メイクしてる日中は前より引き締まった顔になってきた気がします♪


最近は本当に自然に口が閉じてるし、ちゃんと口角も上がってることが多いので、やってみて良かったです。







口呼吸を改善しただけで今までの不調が軽くなった




まだ完全には治っていないけれど、口呼吸しがちだったのが前よりは改善されてきました。自然に鼻呼吸できてるし、無駄に口を開けてることも減ってきてます。

鼻呼吸ができるようになったら、喉にも唇の乾燥にも良かったので、これからも気を付けていこうと思います。日中も夜も、意識しなくても自然に口を閉じていられるようにしていきたいです。

口元に気を付けてたら表情も明るくなったし、もっと早く気付けば良かった…(^^;

ではでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!




関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント