FC2ブログ

記事一覧

屋内での日焼け対策

まだ外の気温が低い時、ガラス越しの日光はぽかぽかして気持ちが良いですよね。
昔学校でも、窓際で後ろの席は最高の居眠りスポットだと言われていました(* ̄∇ ̄*)

しかし、紫外線の強い季節になると、そうも言っていられません。
屋内にいても、窓ガラス越しに紫外線は降り注いで来ます。
オフィスの中や車内でも、十分日焼けの危険があるため、肌が弱い人や日焼けしたくない人は要注意です!

そこで今回は「屋内での日焼け対策」をテーマに書いていきます!


この記事の内容

ガラスを通り抜ける紫外線「UVーA波」

室内でもUVカット製品を活用!

紫外線と健康効果







ガラスを通り抜ける紫外線「UVーA波」


【3つの紫外線】
紫外線は波長の長さによって、「UV―A波」「UV―B波」「UV―C波」の3つに分けられています。
今のところUV―C波は、オゾン層に吸収されています。
そのため、現在地球に届くのはUV―A波とUV―B波の2つです。

・UV―A波→長時間浴びると細胞を傷付ける。
皮膚の奥まで届き、しわやたるみ、皮膚の老化を引き起こす原因になる。

・UV―B波→皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害。
日焼けや皮膚ガン、白内障の原因に。

この5月に量が増えるのは、UV―A波です。
UV―A波は、雲や窓ガラスを通り抜けることが出来ます。
そのため、日差しが弱い曇りの日や、雨の日でも油断は出来ません。
また、ガラスも通り抜けてしまうので、車内やオフィス、部屋にいても日焼けするリスクはあるのです。

屋内といえば、車は油断すると日焼けし放題です。
車内のスペースからしても、日傘などで体を紫外線から隠すことも出来ませんから、UVカットフィルム・UVカット加工された衣類などでしっかり対処する必要があります。














室内でもUVカット製品を活用!


一般的な窓では、紫外線のカットは難しいです。
屋内の紫外線量を100%とした場合、日の当たる窓際では80%もの紫外線量があると言われています。
また、日の当たらない室内でも10%の紫外線を受けるそうです。

そのため、室内での日焼けが気になる場合は、ホームセンターで販売されているUVカットフィルムを窓に貼る・UVカット加工されたカーテンに変えるのが良いでしょう。















紫外線と健康効果


散々日焼け対策の話をした後ですが、ここでは紫外線による健康効果について紹介します。
実は、日焼け対策をやり過ぎるのも良くないんです。

人間には、毎日ある程度の日光浴が必要です。
日の光を浴びると、体内時計がリセットされる、という話は広く知られていますよね。
体内時計のリセットはダイエットや美肌の大敵・不眠にも効果的です。

また、私達の体を作る基礎となる「骨」にも、紫外線は重要な働きをしています。
紫外線を受けることで、体は「活性型ビタミンD(ビタミンD3)」を作り出します。
このビタミンの主な働きは、体内のカルシウムの利用効率を高めることです。
カルシウムは、骨にとって欠かせない栄養素ですから、紫外線を浴びる量が不足すると「骨粗鬆症」などの骨の病気にかかりやすくなると言われています。

もちろん、長時間窓際にいる場合は、紫外線対策が必要になりますよ!









まとめ

今回は「屋内での日焼け対策」について書きました。
5月のガラス越しの日光は、暖かくて心地よい反面、透過力の高い紫外線・UV-Aの危険に晒されています。
長時間窓際にいる時は、屋内でもしっかり日焼け対策をしておきましょう!



☆関連情報☆
5月の紫外線対策と日焼け止め

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント