FC2ブログ

記事一覧

爪半月と健康

今回は、「爪半月がある人・ない人の違いと健康への影響」をテーマに書いていきたいと思います!

※爪半月(ソウハンゲツ)とは
爪の根元にある三日月のような形をした白い部分のことです。
親指(またはよく使う指)に最も大きく見え、小指(ほとんど使わない指)には小さく見えています。

この記事の内容

爪半月の噂「健康のバロメーター」

爪半月が白い理由

爪半月が「ある人」と「ない人」の違い

爪半月が出て来ないのはなぜ?

爪半月がなくなる理由

爪半月を伸ばしたいなら
















爪半月の噂「健康のバロメーター」



よく、「爪半月がないと身体に異常がある」という噂がありますが、これには医学的な根拠はない、と言われています。

私自身、昔から爪半月がほとんど見えないので、「爪半月なし=不健康」説が否定されて、ほっとした記憶があります( ̄▽ ̄;)
爪半月があっても病弱な人はいますし、「もともと爪半月がない・小さい」なら、特に気にすることもないでしょう。











爪半月が白い理由



爪は爪の根元にある爪母(ソウボ)と呼ばれるところで作られ、毎日0.1㎜程伸びて行きます。
爪は出来たばかりの時、水分が多く柔らかいため、白く見えるんだそうです。
この出来たばかりの爪が、「爪半月」と呼ばれています。
「爪半月」は、爪の他の箇所よりも柔らかいため、強く刺激すると痛みを感じることもあるようです。











爪半月が「ある人」と「ない人」の違い



爪半月があるかないか、また大きいか小さいかには、生まれつきの体質によると言われています。
新陳代謝が良く爪の成長が早い人程、爪半月が大きくなります。
また、日常生活習慣で指先を使う機会が多い人も爪半月が大きくなりやすいそうです。

ちなみに、爪半月が最も目立つのは新陳代謝のピークとも言われる「10代半ば」です。









爪半月が出て来ないのはなぜ?



爪半月が小さい人やたまにしか出て来ない人、全くない人もたくさんいます。
もともとその状態だったのなら、生まれつきの体質ということになります。
(爪半月が皮膚で覆われているなど)

しかし、以前あったものがなくなった場合は、次のような原因があるかもしれません。









爪半月がなくなる理由



・ネイルケア(甘皮処理)のやり過ぎ
・ダイエットなど、偏った食生活による栄養不足
・貧血気味、血流が悪い
・ストレス

上記以外だと、加齢で爪の発達が遅くなり、爪半月が見えなくなった可能性もあります。









爪半月を伸ばしたいなら



爪半月がなくても特に問題はありません。しかし、手先を美しく見せたい人にとっては、爪半月が出ていた方が良いかもしれません。

そこで、爪半月を伸ばす方法を調べてみました!

【爪半月を伸ばす方法】
・爪に良い栄養を摂る
(タンパク質、ケイ素、ビタミンB2、ビタミンE
亜鉛)

タンパク質→大豆製品や乳製品、肉、魚
ケイ素→白米、玄米、リンゴ、昆布、豆腐
ビタミンB2→レバー、うなぎ、卵
ビタミンE→アーモンド、カボチャ
亜鉛→ごま、卵、うなぎ

タンパク質は爪の主成分になり、ケイ素は爪を強化します。
そして、ビタミンEは血行を改善するため、新陳代謝を上げる効果があります。
ビタミンB2や亜鉛は、皮膚や粘膜を丈夫にしたり
ターンオーバーを促進します。

食事以外では、運動で筋肉を付けて代謝を上げる方法もあります。
爪半月を伸ばしたいなら、新陳代謝を上げましょう!



まとめ


今回は、「爪半月がある人・ない人の違いと健康への影響」について書きました。
爪半月がもともとない場合は良いのですが、「あったものがなくなった」場合は、貧血や栄養不足で体調を崩している可能性もありますので、生活習慣を見直した方が良いでしょう。






関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント