FC2ブログ

記事一覧

ダイエットの冷え対策と白湯のすすめ

ダイエット中、「体が冷えている」「以前より寒さを感じる」ことがありませんか?

これは食事制限を中心にしたダイエットによく見られる現象です。
いつも手足が冷たかったり、体全体が冷えて以前より寒がりになったりします。
一時的なものならまだしも、長くこの「冷える」状態が続いているなら要注意です!

そこで今回は、「ダイエットによる体の冷えと対策」をテーマに書いていきたいと思います!


この記事の内容

ダイエットで体が冷える理由

3つの「冷え」

夏の冷え対策

体を温めて代謝を上げる方法

ダイエットの「冷え」には「白湯」












ダイエットで体が冷える理由


ダイエット(食事制限中心)で冷えるのには、2つ理由があります。

・脂質が減ってホルモンバランスが乱れる
・筋肉の減少により、代謝が下がる

まずは、脂質とホルモンバランスの関係です。
ダイエットにとって「悪いもの」と思われがちな脂質ですが、実はホルモンの材料として活躍しています。

食事制限で脂っぽいものを摂らなくなると、ホルモンを作る材料もなくなってしまいます。
ホルモン不足は体温が不安定になる原因の1つです。

また、基礎代謝の低下も冷えを引き起こす要因となります。
基礎代謝とは、 何もしていなくても勝手に使われるエネルギーのことです。

なぜ基礎代謝が下がるのかと言うと、「筋肉が食事制限ダイエットで減少するから」です。


【基礎代謝には筋肉が必要】
運動をしないダイエットの場合、食事から摂取出来るエネルギーがないと、体に付いた脂肪や筋肉を分解して使います。
すると、脂肪と一緒に筋肉もエネルギーとして使われるため、どんどん減っていきます。
筋肉がなくなると代謝も下がって行くため、体温も上がらなくなります。






3つの「冷え」


体の「冷え」は、大きく分けて次の3種類があります。

・ 手足の指先からの冷え
・ 下半身(足先から腰まで)の冷え
・ 体の内側(内臓)からの冷え

3つ目の「体の内側からの冷え」は、代謝が下がったことによる「冷え」です。
代謝が下がると血流や抵抗力にも影響が出ます。
このままの状態が続くと体調を崩す、リバウンドしやすくなる危険があります。













夏の冷え対策


夏は屋内の冷房で体を冷やす人が続出する季節です。
ダイエット中で代謝が下がっていると、余計にに寒く感じるかもしれません。

体を冷やさないよう、オフィスではなるだけカーディガンを羽織る、温かい飲み物を飲むなどの対策をしましょう。











体を温めて代謝を上げる方法


ここでは、体を温める食べ物・飲み物を紹介します。
【食べ物】
根菜
・にんじん、ごぼう、れんこんなど
タンパク質を多く含むもの
・肉、魚、卵、大豆製品
生姜

どれも体を温め、代謝を上げるのを助けてくれます。食事制限でダイエットする時は、積極的に取り入れてみると良いでしょう✨

【飲み物】
紅茶
ほうじ茶

どちらも血行を促し、体を温めることで有名なお茶です。
体を温める他にも、むくみや便秘にも嬉しい効果があります✨
ただ、飲み過ぎるとトイレが近くなるので、夜遅い時間や寝る前に飲むなら、少量にした方が無難です。

☆ダイエットと冷えの悩みに!めぐりアップの金時ショウガを見てみる☆












ダイエットの「冷え」には「白湯」


白湯とは、水を温めただけの飲み物です。沸騰させたお湯を60℃前後に冷ましてから飲みます。

美容に良い飲み物として知られている白湯には、
以下のような効果があります。

・体を温める
・内臓の機能を高める
・血行を改善する
・体の老廃物を出す(便秘改善)


【白湯を飲むなら朝】
便秘の解消や眠気覚ましとして、「起き抜けにコップ一杯の水を飲む」という方法があります。
実はこの時の水は、常温かぬるま湯のことを言っています。
特にお腹の弱い人だと、温度の低い水は刺激が強すぎるため、なるだけ体に馴染みやすい温度で飲む方が良いです。

そこで、この時に飲む水を白湯にします。
白湯には先ほど紹介した通り、「内臓に優しい&体温を上げる」効果があるため、ただ水を飲むよりも緩やかにお腹が動きます。
ついでに体温も上がるので、体がスムーズに目覚めます!
お湯を沸かしたり、冷めるまで待ったりと用意するまでがちょっと手間になるかもしれません💦

私の場合は、夜のうちにお湯を沸かして、保温性のある水筒に入れておきます。
季節にもよりますが、今くらいの気温だと、朝冷たくなっているということはありません。
ちょっと白湯よりぬるいかもしれませんが、ただ水を飲むよりも温度が高い分、「吸収が緩やか」という感じです。

朝お腹の調子がいまいちな時でも、キリキリしないし、自然にお通じが来ます。
また、白湯は体を温めてくれるので、朝からもたつかずに動ける気がしました。
身支度がてきぱきと終わると、時間にも心にも余裕が出来ます!

なかなか朝のだるさが抜けない時、1度「白湯」を試してみてください♪






まとめ

今回は「ダイエットによる体の冷えと対策」について書きました。

運動をしない食事制限ダイエットは、長くやり過ぎるとどんどん代謝が落ちて体が冷え、太りやすくなってしまいます。
長期的に行う場合は、体を温める食事運動 を取り入れていきましょう!














関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント