記事一覧

寝てはいけない時間に眠くなる 病気と対策

集中したい時に突然眠気がやって来ることがあります。
会議や授業中など、本来なら緊張している場面のはずが、ついうとうとしてしまう。
意外と多くの方がこんな体験をしていると言われています。

最近では、車の運転中に突然眠ってしまうなど、睡眠にまつわる病気も話題になっていますよね。

そこで、今日は「眠くなる病気と相談先・日中の眠気対策」について書いていきたいと思います!



この記事の内容

人が眠くなる時

なぜ「寝てはいけない」時に眠くなるの?

「不眠と過眠」

こんな病気が隠れていることも?

「眠れない」時はどこに相談したらいい?

しつこい日中の眠気を対策!












人が眠くなる時


通常、私達が「眠気」を感じる時は、以下の通りです。

・疲労
・食後
・寝不足
・薬の副作用


【疲労】
体をたくさん動かしたり、頭を使ったりすると当然「疲れ」て来ます。「疲れ」を感じると脳は体を「休ませよう」とします。

【食後】
食後は上がった血糖値を下げるために「インスリン」というホルモンが分泌されます。食べる速さや食事内容によっては血糖値が急激に上がってしまうため、インスリンもたくさん分泌されます。
すると、今度は急激に血糖値が下がるため、脳の活動に必要なエネルギー「ブドウ糖」が十分に行き渡らなくなります。
食後に眠気やだるさを強く感じるのはそのためだと言われています。

【寝不足】
夜しっかり眠れていないと、日中眠気がやって来ます。寝不足が原因となる日中の眠気は、「夜のスマホいじりはやめる」「カフェインを摂らない」など、自分の生活スタイルを改善すれば症状はなくなっていきます。
しかし、それでも上手くいかない場合、病気が隠れていることもあります。

【薬の副作用】
風邪薬やアレルギーの薬は、服用すると眠気を引き起こすものがあります。
現在それらを服用中なら、眠気は薬による副作用になります。











なぜ「寝てはいけない」時に眠くなるの?


本来「活動」モードになっているはずの時間帯に「眠い」のは、自律神経の乱れが関わっている可能性もあります。

自律神経には「活動」を司る交感神経と「休息」を司る副交感神経があります。
この2つが上手く切り替わらなくなると、「活動」する日中に「眠く」、「休息」する夜に「眠れなく」なってしまうのです。
そして、このような自律神経の不調にはストレスが大きく関わっています。











「不眠と過眠」


日中の眠気を引き起こす原因の1つに、夜の睡眠があります。
「夜眠れなくなる」「いくら寝ても眠い」など、睡眠にまつわる病気になっている可能性も。

【不眠症の症状】
・夜寝付けなくなる
・夜中や早朝に目が覚める
・眠りが浅い

夜しっかり眠れていないため、日中疲労を感じたり、注意力が散漫になりがちです。


【過眠症の症状】
・夜眠れているが、日中も眠気が強い
・日中起きているのが困難

朝から晩まで眠気が付きまとい、起きているのが難しくなります。

また、過眠を引き起こす病気として、以下の2つがあります。

【ナルコレプシー】
・日中耐え難い眠気がある
・居眠りすることが多い
・笑ったり怒ったりすると体に地からが入らなくなり、へたり込んでしまう
・寝入る時に金縛りが起こる
・現実と区別が付かない夢を見る


【突発性過眠症】
・日中1時間以上の居眠り
・起きてもスッキリしない
・眠気が続く










こんな病気が隠れていることも?


「不眠症」「過眠症」以外には、次のような病気が原因となっている可能性もあります。

【睡眠時無呼吸症候群(いびき)】
睡眠中に空気の通り道(気道)が狭くなり、呼吸がしにくくなる病気です。
自分では全く気が付かない人もいれは、夜中に息苦しさで目を覚ましたことがある人もいます。
睡眠中にきちんと呼吸が出来ていないと、身体(特に心臓)への負担がかかります。
そのため十分な休息が取れなくなってしまうのです。

【レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)】
ベッドに横になっている時に、足に不快感や違和感、痛みなどを感じ、動かさずにはいられなくなる病気です。
眠ろうとしても、足が気になってなかなか眠りに付けないため、慢性的な寝不足になってしまいがちです。












「眠れない」時はどこに相談したらいい?


日中の眠気や夜の不眠は、自分でははっきり原因が分からないことも多いです。
解決するには早めに専門家に相談する必要があります。

睡眠関係なら、今は睡眠外来が主な相談先として知られています。
また精神科や心療内科などはもちろん、「いびき」なら内科(呼吸器内科・耳鼻咽喉科・循環器内科など)「むずむず脚症候群」なら神経内科でも診察しているようです。

もしも自分がなぜ「眠れない」「日中眠い」のか分からない時は、睡眠外来や心療内科が無難かと思います。


睡眠のトラブルは、仕事やプライベートに支障を来すことも多いです。
うっかりミスだけならまだしも、運転中の事故など、深刻な事態を引き起こしてしまうこともあります。
不安やストレスを溜め込んでしまう前に、早めに相談することが大切です!









しつこい日中の眠気を対策!


寝不足になってしまった時・日中眠い時には、以下の方法を試してみてください!
眠気の原因にもよりますが、「疲労や夜更かし、食後の眠気」には結構効きます✨

・カフェイン(コーヒーや緑茶)を飲む
・体を軽く動かす(歩く、ストレッチなど)
・早く出勤し5分程うとうとする、目を閉じる
・お昼に20分眠る

カフェインは飲んでから効果が出るまで30分かかると言われています。
眠気が本格的になる前に飲んでおくと良いでしょう。

あとは、寝不足の翌日にあえて早く出勤する方法です。身支度するまでがなかなか大変かもしれませんが、一旦家を出てしまえば、こっちのものです。
早めに家を出て、職場もしくは近くのお店で、コーヒーを飲んだり、ちょっとうとうとするのも効きますよ😄

また、お昼を食べた後の20分の仮眠を取るのもおすすめです。頭がスッキリする他、夕方の眠気を防ぐことが出来ると言われています。
夕方の眠気を防ぐことが、夜しっかり眠ることにも繋がります✨

「夕方の眠気をコントロールして夜の不眠を解消!」の記事はこちらへ!


20180414193056b4b.jpg




まとめ

今回は、「眠くなる病気と相談先・日中の眠気対策」について書きました。
日中の眠気には、「生活習慣を見直せば改善出来るもの」「医療機関への相談が必要なもの」があります。
少しでも不安がある場合は、自分で判断せずに医師に相談してみましょう!








人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

敏感肌ランキングへ

にきび・吹き出物ランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。
年齢は20代後半(女)で、趣味は美容や健康について調べることとそれを実践すること・読書・ドラマやアニメの鑑賞など。
好きな食べ物は果物、ナッツ類、お菓子です。
ハーブティーにもハマっております。
現在の目標は「健康美人な30代」です!

最新コメント

美容情報ブログランキング