FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫外線は体に必要?メリットとデメリット

5月に入って、暖かいどころか暑くなって来ましたね。
太陽からの紫外線も、日に日に強くなっている気がします( ̄▽ ̄;)
そろそろ本格的に紫外線対策し始めている方もいるのでは?

そこで今回は、「紫外線」について書いていきたいと思います!


この記事の内容

紫外線(UV)とは?

紫外線にもメリットがある!

紫外線の浴び方 3つのポイント

5月の紫外線は強い?











紫外線(UV)とは?


・紫外線(UV)→(Ultra Violetの略)
宇宙から地球に届く太陽光線のうち、最も波長が短くエネルギーが強いもののことです。

【3つの紫外線】
紫外線は「UV―A波」「UV―B波」「UV―C波」の3つに分けられています。
地球に届くのは、UV―A波とUV―B波の2つです。

・UV―A波→長時間浴びると細胞を傷付ける。
皮膚の奥まで届き、しわやたるみ、皮膚の老化を引き起こす原因になる。

・UV―B波→皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害。
日焼けや皮膚ガンの原因に。

届く深さは違いますが、どちらも肌にとっては良くないものとして知られています。

☆☆紫外線ダメージとシミ・シワの対策には内側から『美』を応援する高品質サプリメント
お店はこちらへ!☆☆






紫外線にもメリットがある!


紫外線は、悪影響しかないように思われがちですが、実はメリットも存在します。

【殺菌作用】
紫外線のメリットのひとつとして、殺菌作用があります。
昔から、天気の良い日に洗濯物を外に干す習慣がありますよね。
これは紫外線の殺菌作用を上手く利用したものと言えるでしょう。
紫外線は洗濯物に付いた雑菌を退治し、臭いを取り除いてくれます。

実際、晴れの日が少ない梅雨の時期は、室内干しになりますから、洗濯物が臭くなりますよね😰
洗濯物が紫外線を浴びることで、あの不快な臭いが消えます。
外に干してカラッと乾いた洗濯物は、使っていても心地よいですよね☀


【実は体にとっても必要不可欠!】
紫外線には「免疫力を高める」「血行を促進する」「新陳代謝を上げる」など、人間の健康にも良い働きがあります。
中でも特に重要なのは「骨」に対する影響です。

私達の体を作る基礎となる「骨」にも、紫外線は重要な働きをしています。
紫外線のUV―Bは「活性型ビタミンD(ビタミンD3)」を作り出します。
活性型ビタミンDは、皮膚にUV―Bが当たることで、作られます。

主な働きは、体内のカルシウムの利用効率を高めることです。
カルシウムは、骨にとって欠かせない栄養素です。
紫外線を浴びる量が不足すると、ビタミンDが不足します。
その結果、「骨粗鬆症」などの骨の病気にかかりやすくなると言われています。

骨粗鬆症は、女性に多い病気として知られていますよね。
日頃からビタミンDが不足していると、今は何ともなくとも、閉経後急激に症状が進行する恐れがあります。

また、子どもの場合は、「くる病(赤ちゃんや成長期の子どもの骨が柔らかくなり、変形する病気)」のリスクがあります。
この他には、「身長が伸びなくなる」「成長が止まる」などの悪影響もあると言われています。


☆関連情報☆
5月の紫外線対策と日焼け止め













紫外線の浴び方 3つのポイント


紫外線にメリットがあると言っても、皮膚にとってはデメリットの方が多いことは変わりません。
しかし、全く紫外線を浴びないのもまずいとなると、どうしたら良いのでしょうか?
そこで、紫外線を浴びる時のポイントを3つ紹介します!


1 ハガキ1枚分の面積
紫外線を浴びる時は、全身に浴びる必要はありません。体の一部分で十分です。
面積は、だいたい
ハガキ1枚分
と言われています。


2 朝起きてから午前9時までの間
紫外線を浴びる時間帯は、
朝起きてから午前9時までの間
がベストです。
この時間の紫外線は、活性型ビタミンDの生成を効率アップさせると言われています。


3 10分間
骨にとって重要な活性型ビタミンDを作るためには、10分間 紫外線を浴びれば良いと言われています。
一応、紫外線は肌にとっては有害なものになります。
長時間浴びるのは避けたいですよね😓
でも、あまり紫外線が強くない時間帯に10分間だけなら、肌へのダメージの心配はほとんどありません。
また、寝起きに日光を浴びるのは、生活リズムの改善にも効果的です。










5月の紫外線は強い?


「5月の紫外線が1番強い」と聞いたことはありませんか?
実はこれは、紫外線の強さではなく、「オゾン層の厚さ」に関係しています。

オゾン層は、地球に降り注ぐ紫外線から生物を守ってくれています。
しかし春から秋にかけて、日本上空のオゾン層は薄くなります。
そのため、紫外線が普段よりもたくさん降り注ぐことになると言われています。

5月は、紫外線が強力というよりは、紫外線の量が増え始める時期ということになります。
しっかり対策しておくに越したことはないでしょう。



20180419145638a1e.jpg





まとめ

今回は、紫外線についてまとめました。
紫外線は皮膚にとっては恐ろしいものですが、骨にとっては大切なものです。
私達が健康に生活を送る為には、ある程度の紫外線が必要になります。

肌を守りつつ適度に日光浴をして、体の外側と内側の両方から健康になりましょう☀!



☆関連情報☆
屋内での日焼け対策






FC2 ブログランキング
人気ブログランキングへ
健康ブログランキング
健康情報ランキング

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。
年齢は20代後半(女)で、趣味は美容や健康について調べることとそれを実践すること・読書・ドラマやアニメの鑑賞など。
好きな食べ物は果物、ナッツ類、お菓子です。
ハーブティーにもハマっております。
現在の目標は「健康美人な30代」です!

最新コメント

ダイエット情報ランキング