FC2ブログ

記事一覧

そのだるさ、冬のうつ病かも!

こんばんは、くるみです😄
今日は「冬のだるさ」について書いていきます。
春から秋までは元気なのに、冬になったら体や心が不調になることはありませんか?
眠くて日中体がだるかったり、頭がぼーっとしたり…。

もしも冬にだけ、こんな症状があるなら、それは「冬季うつ」かもしれません。

この記事の内容

冬季うつとは?

冬季うつの原因は?

冬季うつかな?と思ったら

食事から改善

適度に運動も!














冬季うつとは?


冬にのみ疲れやすい、気分が落ち込むなどのうつ病の症状が出る病気です。
一般のうつ病が不眠、食欲不振の症状が出るのに対し、冬季うつは過眠、過食になりがちです。
睡眠と食欲に関しては、一般のうつ病と正反対ですね。
この違いから「自分がうつだ」と自覚しにくい、という問題もあります。










冬季うつの原因は?


冬は他の季節に比べて、どうしても太陽の光を浴びる時間が少なくなります。
日照時間そのものが少ないのと、寒さから外にいる時間も短いですよね。
そのため、脳を活動させるセロトニンという物質が減少します。
そうなると脳の活動は低下し、身体はだるさを感じます。

また、日中浴びる光の量が少ないと睡眠に関わりのあるメラトニンというホルモンの分泌に支障をきたします。
その結果、体内時計が狂ってしまいいくら寝ても眠い、といった状態になります。











冬季うつかな?と思ったら


まずは、生活リズムを整えることが大切です。
早寝早起きの規則正しい生活ですね。
朝起きてすぐに光を浴びるのが1番ですが、冬は明るくなるのが遅く、天気が良くない時も多いですよね。
なかなか朝目が覚めるくらいの日光を浴びられないなら、部屋の明かりでも効果はあります。
とりあえず、起きたら照明を点けるのも良いと思います。







食事から改善


食事は栄養あるものを摂ることが大切です。
特に肉や魚、大豆製品(タンパク質)に、米や芋(炭水化物)、バナナ、さつまいも、青魚(ビタミンB6)をバランス良く摂取しましょう❗








適度に運動も!


ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で、幸福感をもたらすエンドルフィン
が分泌され、憂鬱な気分も晴れます。
また、日光は屋内よりも屋外の方が十分に浴びられます。
しっかり光を浴びて運動したら、身体も軽くなり、明るい気持ちで過ごせるでしょう。





まとめ

今回は冬のだるさについて書きました。
冬季うつは、普通のうつとは正反対の症状が出るため、自分ではすぐに「うつ」だと気づかない場合がほとんどです。
予防するには、規則正しい生活と栄養バランス、適度な運動が効果的です。
これらは日頃から習慣付けておくと良いと思います。
特に運動や早起きは、冬になってから始めても寒さでなかなか続きません。
気候の良い秋から徐々に体を慣らして行くと、冬になった時に少しでも楽になるかもしれませんね。




関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント