FC2ブログ

記事一覧

おやつを食べても太らない時間

今回は「おやつを食べても太らない時間」についてのお話です。
多くの人が、ダイエットしているとおやつは我慢しなければいけない、と思っています。
しかし、我慢すればする程ストレスになり、ドカ食いしてリバウンドする、なんてケースもめずらしくありません。

おやつを我慢せずにダイエットする方法はないのでしょうか?


この記事の内容

ダイエット中のおやつは駄目?

おやつで太らないコツは、「食べる時間」

おやつの時間と膵臓の関係

運動とおやつのタイミング

美味しく味わってダイエット















ダイエット中のおやつは駄目?


【実はダイエット中でも食べられる!】
人間の体には体内時計の関係で、太りやすい時間と太りにくい時間があります。
その仕組みを利用すれば、おやつを我慢せずにダイエットを成功させられます!












おやつで太らないコツは、「食べる時間」


【おやつの時間といえば、「午後3時」】
昔から、「おやつ=午後3時」と言われています。
実はこの午後3時が、おやつを食べても太りにくい時間になります。
もっと幅を広げると、午後3時~4時(仕事で夕食時間が遅くなる場合は5時に食べるのもOK)がおやつにベストな時間帯です。













おやつの時間と膵臓の関係


【膵臓の働き】
午後3時から午後6時までの間、血糖値をコントロールする膵臓が最も活発になります。
血糖値が上昇している時は、体に脂肪が付きやすい状態です。
そのため、膵臓の働きが活発な時間帯におやつを食べると、血糖値の急激な上昇を抑えてくれるので、脂肪の蓄積を防ぐことが出来ます。














運動とおやつのタイミング


【運動する前】
ダイエットに運動も取り入れている場合、
運動する前に食べるのも良いでしょう。
食べた後運動することで、体に溜まる前にエネルギーを消費出来ます。


【筋トレの後】
筋肉をつけるなら、トレーニングの後が良いでしょう。 また、この場合のポイントは、タンパク質を多く含むおやつを食べることです。
卵やナッツなどのタンパク質は、筋肉の材料になります。
トレーニングの後はそれらを体が吸収しやすくなっているので効率良く筋肉を付けられます。
また、筋トレ後に食べることで基礎代謝をあげることも出来ます😄















美味しく味わってダイエット


【よく噛んで食べる】
おやつを食べて痩せるコツは、時間帯の他にもあります。
おやつを食べる時に、よく噛んで味わって食べると、少ない量でも満足出来ます。
歯ごたえのあるものや、噛めば噛むほど味が出るものがおすすめです。






まとめ

今回は「おやつを食べても太らない時間」について書きました!
おやつの我慢がなくなるだけでも、ダイエットを長続きさせられそうですよね。
ストレスにならないダイエットで、健康&キレイを手に入れましょう✨

☆関連情報☆
間食をナッツにしたら痩せられる?

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント