FC2ブログ

記事一覧

ムダ毛処理を自分でおこなう時のポイントとムダ毛を剃れない時の対策

暖かい季節になると肌の露出が増えますよね。でも毛深さに悩む人にとっては、憂鬱な時期でもあります。

私は保育園の頃から手足や鼻下に産毛が多かったので、よくからかわれていました。思春期前から周りの女子、下手すると男子よりも毛深かったです。

大人になり働いてからは、自分の見た目にお金を使えるはずでした。しかし、脱毛に行こうとした矢先、転倒してケガをしました。さらにはその傷が治らず体に広がってしまい、皮膚科で「アトピー体質かもしれない」と言われました。当然、脱毛はしばらく無理です(泣)

だから、ムダ毛はいまだにカミソリで処理しています。しかし、すぐ赤くなったり痒くなったりするのに、「繰り返しムダ毛処理をしてもいいの?」と疑問が湧いてきました。


そこで今回は、ムダ毛処理を自分でおこなう時のポイント と、ムダ毛を剃れない時の対策について書いていきたいと思います。










この記事の内容


簡単で安く済む!カミソリでムダ毛処理

カミソリは簡単だけれど肌を傷付ける

カミソリを使う前に肌を保護する

カミソリでムダ毛処理をする時の手順

永久脱毛でムダ毛にさようなら

ムダ毛が剃れない時の対策

制服がある会社でムダ毛が剃れない時

ムダ毛処理は事前準備と処理後のケアが大切!



関連記事:ムダ毛が多い人と少ない人の違いは?ムダ毛を生えにくくする方法











簡単で安く済む!カミソリでムダ毛処理



ムダ毛処理というと、すぐ思い付くのがカミソリで剃る方法です。カミソリは百均やスーパー、ドラッグストアなどで簡単に手に入ります。ちょっとしたムダ毛なら、気付いた時に剃れますよね。


私も小学校高学年くらいからずっとカミソリでムダ毛処理しています。ガムテープを貼ってはがす方法や毛抜きで一本一本抜く方法も試しましたが、私の毛が頑固だからかあまり効果はなかったです。

やり方が悪かったのかもしれないけれど、ガムテープも毛抜きも痛かっただけでした。もともと産毛が少なくて、思春期で生えてくる毛も薄い人なら効果を感じられるかもしれません。

特に毛抜きは、毛深い私がやってもキリがないんですよね。抜いた後数日で次が生えてくるから、無意味に痛い思いしてるだけ、という感じでした。


ずっとカミソリを使っているのは、扱うのが簡単で安価で手に入るからです。あとはつい最近まで一般人が永久脱毛していることを知らなかったということもあります。(みんなもともとムダ毛が薄いだけだと思ってました😓)

脱毛はケガで駄目になってしまったけれど、治したらいつか挑戦したいな、とは思っています。








カミソリは簡単だけれど肌を傷付けやすい



カミソリを使ったムダ毛処理のデメリットは、肌が傷付くという点です。カミソリの刃は、直接皮膚に触れます。毛を残さずきれいに剃ろうとすると、どうしても肌を傷めてしまいます。

短い期間で何度も剃っていると、肌が乾燥して粉を吹き、毛穴がボコボコして赤くなり始めます。敏感肌の人はもちろん、健康な肌の人にも起こりうる現象です。


自分で処理できて安価で済むのはカミソリのメリットですが、その分肌ケアは自分でしないといけません。

私も剃った後のケアは不十分でした。現在既に毛穴はボコボコしているので、剃る頻度を減らしています。3日置きに処理していたのを10日置きに、治らない時は1ヶ月剃らないこともありました。








カミソリを使う前に肌を保護する



カミソリの肌荒れ対策としては、剃る前に肌を保護することが有効です。肌の保護には、シェービングクリームやジェルを塗ります。


毛を剃る前にシェービングクリームやジェルを塗っておくと、カミソリの刃が毛の周囲の皮膚を傷付けるのを防ぐことができるんです。

※使うクリームやジェルは、自分の肌に合ったものにしてください!












カミソリでムダ毛処理をする時の手順



ここからは、カミソリでムダ毛を処理する際の手順を紹介します。私は最初から間違っていたんですが、いきなりカミソリを当てるのは駄目なんですよね。もう一度見直そうと思います(^^;


1 入浴する

まず、お風呂に入って体を清潔にします。毛や角質を柔らかくし、処理をしやすくするためです。
ここでのポイントは、お風呂に入るタイミングです。必ず毛を剃る前に入るようにします。


ムダ毛処理後の入浴では、開いた毛穴に雑菌が入る危険があります。安全におこなうためにも、ムダ毛を剃るのは、お風呂に入った後にしましょう。


2 処理する部分を温める

お風呂を済ませたら、蒸しタオルを当てて毛穴を開きます。(既にお風呂で温まった場合は、毛穴が十分に開いているので、ここは飛ばしてOKです!)


3 シェービングジェルやクリームを塗る

ムダ毛処理をおこなう部分にシェービングジェルを塗ります。敏感肌用のクリームを使うとより安心です。


4 毛の流れに合わせて剃る

いよいよムダ毛を剃り始めます。ここでもポイントがあり、ムダ毛を剃る時は毛の流れる方向と同じように剃ります。

毛の流れと反対に剃った方が、よく剃れているように見えますが、肌が傷付きやすくなります。必ず毛の流れにそって処理しましょう。


5 保湿する

ムダ毛を剃り終わったら、肌に残ったシェービングジェルを拭き取ります。その後処理した部分を化粧水と乳液を使って保湿します。
ここでのポイントは、化粧水のあとに乳液を使うことです。洗顔後の顔を保湿するのと同様に、化粧水の後に乳液をつけます。


この1~5の作業をきちんとおこなうと、ムダ毛処理後の肌トラブルが起こりにくくなります。
ムダ毛処理後に肌が荒れる、痒くなるという方は、是非試してみてください。


















永久脱毛でムダ毛処理にさようなら



ムダ毛処理において、一番簡単で確実なのはプロに永久脱毛してもらうことです。永久脱毛してしまえば、頻繁なムダ毛処理で肌を傷付ける心配もなくなりますよね。

「永久脱毛って敏感肌じゃ無理なんじゃないの?」と思う方もいるでしょう。私も最初はそう思っていました。

意外にも、脱毛クリニックには敏感肌OKの所もたくさんあります。クリニックでは、レーザーを当てる前に肌の状態をきちんと見てくれます。永久脱毛経験のある知人の話だと、出来物や傷、虫刺されがある箇所には施術されなかったそうです。

もちろん、1回の施術でツルツルのお肌になるというわけではなく、何回か通うことになります。でも、回数も脱毛する部分もこちらで決められます。強制的に何回も行かないといけないことはないです。


脱毛クリニックのホームページや、脱毛した知り合い数人の情報なのですが、多くのクリニックは初回カウンセリングがあります。少しでも不安に感じる点があれば、カウンセリングで聞いてみるといいです。


私も肌が落ち着いてきたら、永久脱毛にチャレンジする気でいます。冬は乾燥するし、夏だと日焼けや虫刺されの心配もあるので、春とか秋頃ならいいかな、と考えています。いずれにしても、なるべく肌のコンディションが良い時がベストだと思います。












ムダ毛が剃れない時の対策



肌に炎症がある状態でムダ毛処理は危険です。肌の状態を悪化させる恐れがあります。私もアトピーか定かではないけれど、肌が弱い方です。皮膚科でも「むやみに毛を剃らない方がいい」とアドバイスされました。


しかし、女性がムダ毛を全く剃らないというのは難しいです。腕の毛ならカーディガンで隠せますが、すね毛は肌色ストッキングでも見えてしまいますよね。

事情があってムダ毛を剃れない時は、服装でごまかすこともできます。私服ならいくらでもムダ毛を隠せますし、スーツならパンツスーツで良いと思います。












制服がある会社でムダ毛が剃れない時




私は事務員で制服があったため、スカートは避けられませんでした。対策としては、肌色ストッキングの上に黒のハイソックスを履いていました。制服で着用可だったのが幸いでした。

私服の時はレギンスやトレンカ、ロングスカートを使ってごまかし、どうにか剃れない期間をやり過ごしました。

肌に炎症がある時は、本当なら剃らない方がいいんだと思います。特にカミソリで頻繁に剃るのは避けるべきなのかもしれません。


また、制服の場合はハイソックスやパンツスタイルが禁じられている、スカートに肌色ストッキングしか許されないという会社もあるでしょう。

そんな時は、敏感肌、アトピー肌の事情を話した方がいいです。私がいた会社でも、ストッキングに肌が負けてしまうため、ストッキングなしでソックス着用を許可された先輩もいました。












ムダ毛処理は事前準備と処理後のケアが大切!



今回はムダ毛処理のポイントや剃れない時の対策について紹介しました。ムダ毛処理は剃る前の準備と剃った後のケアが大切です。

処理後のケアをしっかり行うことが、肌トラブルの予防になります。

ただ、肌が粉を吹くようになった、毛穴が鳥肌のようにボコボコしてきたなどの場合は、電気シェーバーを使う方がいいです。電気シェーバーはカミソリと違って、刃が直接肌に触れません。肌が弱くなったらカミソリはやめて、電気シェーバーに切り替える方がいいかもしれないです。

ムダ毛処理はカミソリでも電気シェーバーでも、事前準備と処理後のケアをきちんとおこないましょう。折角の暖かい季節ですから、おしゃれが似合う綺麗な手足で過ごしたいですよね😄✨




☆市販の除毛クリームを使った感想レポートはこちらです↓
関連記事:ドラッグストアでも買える!敏感肌用除毛クリームを使ってみた感想










関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント