記事一覧

敏感肌と爪のおしゃれ マニキュア・除光液選びのポイント

昔から、マニキュアが似合う爪に憧れています。
爪を伸ばさなくても良いくらい、ピンク色の部分が長い縦爪の人を見ると、とっても羨ましくなります。
縦爪は、マニキュアを塗っても素敵ですが、何も塗っていなくても形が整っているので清潔感があるように見えますよね✨

そこで今回は、「敏感肌と爪のおしゃれ マニキュア・除光液選びのポイント」について書いていきたいと思います!

この記事の内容

敏感肌だと爪のおしゃれが難しい?

爪にダメージ?除光液の「アセトン」

甘皮処理のやり過ぎに注意!

マニキュアを選ぶポイント

除光液を選ぶポイント

爪を伸ばせない時はコレ!







敏感肌だと爪のおしゃれが難しい?


私は爪自体が小さいので、頑張って爪を伸ばさないとマニキュアが似合いません。
社会人になり、落ち着いた服装が多くなってからは、爪も形を整える程度ですが、休みの日にお出かけする時とか、きれいな爪にしたいなーと思うことがあります😄

でも最近は、自分が「敏感肌」になったことが引っかかて、マニキュアにもますます手を出せずにいました😖

爪のおしゃれで特に気になるのは「除光液」です。
以前除光液の成分が、爪にダメージを与えるという話を聞いて、敏感肌の自分は爪も弱いだろうから、爪のおしゃれは諦めるしかないのかな、と思っていました😢


爪にダメージ?除光液の「アセトン」


敏感肌にとって、厄介なのはマニキュアを落とす時に使う除光液です。
除光液に含まれてる「アセトン」という成分は、爪を傷める原因になります😨
特に、敏感肌の場合は、頻繁に使うのは避けた方が良いと言われています。


甘皮処理のやり過ぎに注意!


私は以前、少しでも爪を縦長にしようと甘皮を削りすぎたことがあります( ̄▽ ̄;)
その結果爪の根元から出血してしまいました。しかも乾燥する時期だったからか、なかなか治らなくてしばらく爪のおしゃれは出来ませんでした。

敏感肌の場合、甘皮処理をやり過ぎると爪が傷付く原因にります。
くれぐれも削りすぎには注意しましょう!






マニキュアを選ぶポイント


敏感肌の人がマニキュアを選ぶときは、除光液がいらないワンデーネイルがおすすめです。
ワンデーネイルの塗り方は、普通のマニキュアと同じですが、はがすときは簡単です😄
シールのように取れてくるので、除光液で何回も擦る必要はありません✨




除光液を選ぶポイント


除光液だと、アセトンが入っていないもの、保湿成分が多いものを選んで使うと、爪へのダメージが軽くなるはずです。
天然オイルなどの保湿成分は、爪に油分を与え、乾燥を防ぎます。
また、オレンジやグレープフルーツのエキスが入っているものは、ビタミンで爪を補修する効果が期待出来るようです✨



爪を伸ばせない時はコレ!


自分の爪を伸ばせない場合は、市販の付け爪も良いと思います。これが、1番爪にダメージがないかもしれないです。(私は手先が不器用なので、向いてませんでしたが😓)
細かい作業しない時ならまたやってみたい!

あとはシールですね。ネイルシールでも、除光液不要のものがありますし、爪の長さにこだわらないなら、シールでも結構おしゃれになるみたいです😄


15290212250.jpeg



まとめ

今回は、「敏感肌と爪のおしゃれ マニキュア・除光液選びのポイント」について書きました。

肌が弱くなってから、爪のおしゃれから遠ざかっていましたが、除光液の成分や、マニキュアの選び方を気を付ければ、敏感肌でも爪のおしゃれを楽しむことが出来るんですね❗
時々は、自分に合ったマニキュアで爪を綺麗にしてみたいと思います✨







人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

敏感肌ランキングへ

にきび・吹き出物ランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。
年齢は20代後半(女)で、趣味は美容や健康について調べることとそれを実践すること・読書・ドラマやアニメの鑑賞など。
好きな食べ物は果物、ナッツ類、お菓子です。
ハーブティーにもハマっております。
現在の目標は「健康美人な30代」です!

最新コメント

ダイエット情報ランキング