FC2ブログ

記事一覧

夏の水分補給 水の飲み方と温度

夏のオフィスは冷房が効いていると思います。
外では汗だくになっていても、一旦屋内に入ればひんやり。汗はすぐに乾いていきます。
特にデスクワークの場合、仕事中に外のような暑さを感じることはほとんどないですよね。
しかし「汗をかかない」からと言って、水分補給を忘れていませんか?

今回は夏の水分補給について書きます!


この記事の内容

水分補給のタイミング

何を飲んでもいいの?

飲み物の温度は?

飲み過ぎに注意!














水分補給のタイミング


【喉が乾く前に飲む】
水分補給は、「喉が乾いた」と感じてからでは既に体内の水分が不足している状態です。
そのため、喉が乾いてから水を飲むのは、遅いと言われています。
特に汗をかく運動やお風呂の前には、必ず水分を補給しておきましょう❗


【オフィスでの水分補給】
仕事の忙しさや冷房の冷えで、「時間がもったいないから」「トイレに行きたくなるから」とあまり水を飲まないようにしている方もいるのでは?

私も仕事中、水飲み休憩を忘れがちでしたが、最近は隙を見てササッと飲みに行きます。
喉が渇くと、風邪を引いた時みたいに喉がくっつく感じが気になって集中出来なくなるので、「飲める時に飲んでおく」ことにしてます。

汗をかいていなくても、体の水分は失われています。
水分不足によってむくみが引き起こされる上に、だるさで集中力まで低下してしまうと、かえって仕事に悪影響を及ぼしてしまうかもしれませんよね😖
なるべく空いた時間で水分を摂るよう意識しましょう!















何を飲んでもいいの?


【基本的には水を】
お茶やコーヒーは、水の代わりに飲むのは、おすすめしません。
お茶、コーヒーに含まれているカフェインには利尿作用があるため、せっかく補給しても、排泄で出される水分が増えてしまいます。
また、炭酸やジュースもたくさん摂取しても糖分を大量に摂ることになってしまいます😣













飲み物の温度は?


水分補給には、冷たすぎず熱すぎない温度で!
大体5℃~12℃が人間が飲んで美味しく感じられる温度と言われています。

【白湯で健康に】
白湯は、一度沸騰させたお湯を冷ましたものです。体温に近い温度なので、血行を促進しむくみの改善にも効果があります✨
寒い季節の水分補給には、白湯がおすすめです😄

【朝は冷たい水で、便通改善】
便秘が気になる場合は朝起きてから、コップ一杯の冷たい水を飲むと良いでしょう✨
また便秘ではない方も、朝起きた後に水を飲むのは健康に良いと言われています。


【ちょうど良い温度で飲むなら】
水を冷蔵庫に入れると冷たくなり過ぎるし、沸騰させた水が冷めるのも時間がかかりますよね💦
いつでも適温の水を飲みたいなら、ウォーターサーバーが便利です✨
職場に一応あるんですが、夏でも冬でも、ちょうど良い温度の水が飲めます😄











飲み過ぎに注意!


水分は摂りすぎても体液が薄まり、体に悪い影響を及ぼします。
1日に補給する量は、コップで6杯から8杯程度で良いと言われています。
適切な量を守って飲むようにしましょう❗





まとめ

今回は夏の水分補給について書きました。
夏は最も水分補給に気を付けたい季節です。
私たちが思っている以上に、汗で体の水分は失われています。
「喉が渇いた」と感じる前に水分を摂ることがポイントです。
脱水症や熱中症を予防するためにも、こまめな水分補給をしましょう!



関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

くるみ

Author:くるみ
くるみと申します。

アラサー女性です。現在は前から興味があった在宅のお仕事をしています。ブログでは美容や心身の健康、性格、人間関係などをテーマに書いています。自分の体験談、考えたことも増やしていきたいと思っています。

好きな物はハーブティー、季節限定のお菓子、旅番組など。ちょっと神経質な所があり、環境の変化や人間関係で疲れやすく体調をくずしがち。ダイエットに関しては顔と下半身が太りやすいのが悩み。

どうぞよろしくお願いいたします!

最新コメント